【朝ドラ】とと姉ちゃん第10話あらすじ『とと姉ちゃんはとと姉ちゃん』

第2週「常子、妹のために走る」4月13日(水)放送

あらすじ・ネタバレ

鞠子と美子が家に帰ると、鉄郎が一人で食事を勝手に食べていた。
驚く二人にトイレの窓から侵入したと鉄郎は笑って説明した。

そこへ美子のことで、すっかり沈んだ状態の常子が帰って来る。
鉄郎は常子の悩みの原因が美子だと見抜き、『お前らのとと(竹蔵)ならすぐに仲直りさせた』と言った。
常子は何も言い返さなかったので鉄郎は拍子抜けしてしまう。

鞠子は米びつの米が無くなっている事に気がついた。
すると鉄郎は新しいキャラメルが上手くいったらなんでも食べさせてやると言って、小橋家を逃げるように出て行ってしまう。
鉄郎が勝手に食べたせいで、食費の予定が狂ってしまい、君子と常子は頭を悩ます。
常子は15歳になったから学校を辞めて働きたいと言い出すが君子は学校で学んで欲しい、それは竹蔵の願い出もあると伝える。
そして、竹蔵が働いていた会社の社長も、姉妹を女学校へ行かせるために援助をしているのだと教えた。
常子は、妹の悩みを解決できない事、働けない事で落ち込んでいた。
ふと町内運動会の知らせ(?)が目に入り、思わず大きな声を出した。

常子は興奮しながら、町内運動会の二人三脚の優勝商品が米一俵だといったが、鞠子と君子は男性も出るから勝てるわけがないと難しい顔をした。
鞠子は運動が駄目だからそもそも出ないと伝えると、常子は熱い視線を君子に注いだ。
「お米のために、一緒に走りましょう!」
「…はい」
そして、昔、ととが1位をとったときに美子が喜んでいるのを思い出し、さらに気合が入った。

君子と常子は練習・トレーニングを重ね、運動会に備えたが、運動会前日に君子は転んで手首をひねってしまう。
腫れ上がった手首をみて、鞠子は欠場と決め付けるが、君子と常子は今度は鞠子に熱い視線を送った。
「お米はいいの?出なきゃ絶対にもらえないんだよ」
「私からもお願い!鞠子!

とと姉ちゃん第9話の感想とレビュー

話題が少し戻りますが、とと姉ちゃんの第一週の視聴率が『あさが来た』を超えたそうですね。初週の週間平均視聴率が21.7%で、あさが来たの視聴率20.3%を上回ったとか。でも『あさが来た』は、わりかし視聴率が残念な『まれ』の後のスタートで、『とと姉ちゃん』は今世紀最高視聴率の『あさが来た』の後だから、この時点で比較はできないのかなって思いますけどね。
ただ、今のところ、『とと姉ちゃん』は『あさが来た』に勝るとも劣らないほど、私は面白いなって思ってます。みんな演技上手だし、ロケ多いし、ベタな部分(玉置三兄弟)もいい感じだし。
今日は、竹蔵の運動会の回想シーンが出てきましたね。
回想シーンで新しい映像を使うって、なんか贅沢。
運動会も結構おおがかりなロケっぽかったけど…朝ドラ特有の前半は贅沢にロケで後半は、ひたすらスタジオ撮りになるのかな?

 

とと姉ちゃん第9話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 竹蔵(西島秀俊)
小橋 君子(木村多江)

小橋 鉄郎(向井理)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)
山田(田中幸太朗)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ