とと姉ちゃん・あらすじ第84話『在庫の山』

第14週「常子、出版社を起こす」7月9日(土)放送

とと姉ちゃん第84話あらすじ・ネタバレ

露店で見たのは、常子達が作った『スタアの装ひ』のパクり本の数々だった。
『スタアの彩り』『スタアの着物』『ファッションは装ひ』『装ひのスタア』といったラインナップに常子たちは呆然とする。

君子は『元祖はこっち』と娘たちを励ますが、パクり本の影響で『スタアの装ひ』は、売れなくなってしまう。
しかも仙花紙を選んだことで、紙は劣化し、在庫の山だけが残った。

気落ちしていると、鉄郎もまた肩を落して帰ってくる。
鉄郎はジーンズビジネスが失敗したと新たな仕事を求めて引き上げ船の港としてにぎわう真鶴へと旅立った。

真鶴の書店にも並ぶような本を作れと鉄郎は去り際に言葉を残し、常子は残った資金で2冊めの挑戦を決意する。

その頃、花山伊佐治は、闇市を訪れていた。
五反田の言葉を思い出し、露店で『スタアの装ひ』を購入したのだった。

常子は甲東出版の谷に相談に行くが、やはり谷は女性向けの雑誌のことがわからないので助言はできないと困惑していた。
常子が会社を去ると、五反田が追いかけてきて、花山伊佐治の住所をかいた紙を渡してくる。
花山は元は帝都新聞の編集長だったと説明し、どこか女性目線の気がすると花山と会うことを強く勧めた。

家に戻ると常子は昔、花山から受け取った本の挿絵を取り出した。

とと姉ちゃん第83話感想

やはりパクられたわけですね。模倣されても、あんまり売り上げ変わらないんじゃと思ったら、本の劣化ですか。それは確かに売れ残るだろうな…
ぐっさんも、『そら紙が悪い』とか言ってあげたらいいのに。あ、紙の事は知らないのかな?

一方、一人で雰囲気を出す唐沢さんこと花山伊佐治さん。
ウッディと思えない感じが素敵(笑)
来週はいよいよ唐沢さんが参戦か~

どーでもいいことですけど、最近『どうしたもんじゃろのぅ』が、今週、雑誌の名前を決める時に出たものの、依然と比べて、かなり減ったように感じます。
評判よくなかったから、控えるようにしたのかしら?
途中、強引にねじ込んでくるごり押し感、相当でしたからね~(笑)

とと姉ちゃん第84話のイラスト

ごめんなさい。まだ準備中です…たぶん

とと姉ちゃん第84話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)
小橋 君子(木村多江)
小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

小橋 鉄郎(向井理)

五反田 一郎(及川光博)
谷 誠治(山口智充)

花山伊佐治(唐沢寿明)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ