とと姉ちゃん・あらすじ第83話『出版したら即完売!』

第14週「常子、出版社を起こす」7月8日(金)放送

とと姉ちゃん第83話あらすじ・ネタバレ

常子達は力を合わせて、『スタアの装ひ』創刊に向けて奮闘する。

そんなある日、常子は綾の家を訪ね、雑誌を作っていると話した。
印刷所に向かう途中に寄った常子は時間がなく、早々に帰ろうとする。
綾はそんな常子に『頑張ってね。社長さん』と笑顔で見送り、常子が持ってきたもの(衣類?)の礼を伝えた。

常子達が届いたゲラ刷りを校正している頃、とある飲み屋で、五反田は花山伊佐治と会っていた。
五反田は自分の小説の挿絵を描いてほしいと頼むが花山は出版に関わることは一切やらないと断る。
すると五反田は依然、花山のところに行った小橋常子が出版社を興し、女性のための雑誌を作るのだと話した。
しかし花山は特に興味を持った様子は見せなかった。

昭和21年7月、ついに『スタアの装ひ』は完成する。
常子が完成した雑誌を甲東出版へもっていくが、谷や五反田は文芸誌一本でやってきたために良いのか判断することができなかった。
それでも五反田は『女性らしくかわいげがある』と評した。

実績がないので書店で置く事が無理ということで闇市で販売することになる。
『スタアの装ひ』は、1冊7円という価格で販売すると、夕方までに初版300冊すべて売り切れてしまう。

家に帰り喜ぶ常子達を鉄郎は褒める。
そして自分はアメリカからやってきたジーンズを商売にして当てると息巻く。
鞠子も負けずに1000部の追加を打ち出す。
そして君子と3姉妹は、金持ちになった自分を想像しにやにやするのだった。

二週間後、常子たちは闇市で販売を開始するが、常子達は少し離れた店に並ぶ光景に目を疑った。

とと姉ちゃん第83話感想

何を見たかは明日のお楽しみというわけですか。
パクられたかな?それとももっとすごい雑誌があったのかな?

ま、とりあえず谷や五反田のいる出版社を訪れたシーンには、なんかホッとしました。
谷たちもわだかまりなさそうだし、今後も良好な関係を築いていってください(笑)

で、ちょっと思ったんですけど…綾、無職だったら甲東出版に紹介したらいいんじゃないかと。
だって、綾さん、学校一番の秀才だったわけだし、本もたくさん読んでたし、少なくとも常子よりは使えるんじゃないかと。

とと姉ちゃん第83話のイラスト

そういえば星野さんって、どうなったんだろ?別れてから結構、時間が経過していると思われるけど・・・。 今、会ったら大金持ちを目指す常子にひくんじゃないかな(笑)ってなことを考えたイラストです。

そういえば星野さんって、どうなったんだろ?別れてから結構、時間が経過していると思われるけど・・・。
今、会ったら大金持ちを目指す常子にひくんじゃないかな(笑)ってなことを考えたイラストです。

とと姉ちゃん第83話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)
小橋 君子(木村多江)
小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

小橋 鉄郎(向井理)

中田 綾(阿部純子)

五反田 一郎(及川光博)
谷 誠治(山口智充)

花山伊佐治(唐沢寿明)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ