とと姉ちゃん・あらすじ第82話『雑誌の役割分担』

第14週「常子、出版社を起こす」7月7日(木)放送

とと姉ちゃん第82話あらすじ・ネタバレ

甲東出版を辞めたという常子からの報告に美子たち小橋家は驚く。

心配する妹たちをよそに常子は人生を賭けようと思ったと笑顔。
鉄郎は満足そうにきいていた。
「よく言った、それでこそ俺の姪だ!人に使われているうちは金持ちにはなれねえからな(笑)」
「はい(笑)」

常子は美子と鞠子に3人で出版してみないかともちかける。
二人とも常子の誘いに戸惑うが、君子は『やりなさい』と笑顔で応援する。

美子が洋服のデザインや作り方、鞠子が記事、鉄郎は資金調達という役割分担になる。
常子はノートにレイアウトを書いてこれから作る雑誌について二人に説明し、鉄郎には紙の調達を頼んだ。

翌日(?)、常子達は鉄郎がいる闇市へ。
鉄郎は気が弱そうな男性(水田)と話していた。

鉄郎と常子たちは紙を仕入れる男性を訪ねる。
男性は1週間ほど待ってほしいと答えた。

議論と鉄郎のアドバイスの末、雑誌は『スタアの装ひ』、出版社名はKT出版に。
美子は市場に来る外国人の服装をスケッチ、鞠子はキャッチコピーを考え、作業は進んでいった。

約束の一週間が過ぎ、闇市へ行くと、男性は800枚で500円だと言ってくる。
値段が高いと困惑していると、そこへ水田が現れ、正規の値段の1/10だと説明する。

結局、交渉の末、40円で紙を仕入れることに成功するのだった。

とと姉ちゃん第82話感想

この紙を売っていたオジサン、アニメ『ワンピース』のサンジの声優さんだそうですね。全く気が付かなかった!・・・といっても、もう何年もワンピース見てないけど。
最後に見てたのは、チョッパーが出てくるあたりだったかな(笑)

家族に出版社立ち上げの事を報告する常子さん、朝からとっても明るくていい感じ。
ただどうしても『金持ちになりたい』という先入観からか、なんかだかな~と思わないでもありません。
『女性のために雑誌を作りたい!』だけじゃダメだったのかな?

そんな常子さん、出版社に勤めていたけど、紙の種類も相場もわからない様子。
これで出版社を立ち上げようって、本当にすごい度胸・・・。
今日もレイアウトを思案していたけど、雑誌を編集するスキルあるか疑問。
公式ホームページに谷(ぐっさん)は、常子に雑誌つくりのノウハウを教える人物ってあるけど、これから参加してくるのかな?つーか、ぐっさんとミッチーまた見たい(笑)

どーでもいいことだけど、選挙前だからなのか、選挙の広告増えたな~。表示される広告は自動表示なので当ブログとは関係ないです。一応、書いておかなきゃ(笑)

とと姉ちゃん第82話のイラスト

出版社に勤めていたら紙の種類くらい知ってそうですけどね・・・。

出版社に勤めていたら紙の種類くらい知ってそうですけどね・・・。

とと姉ちゃん第82話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)
小橋 君子(木村多江)
小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

小橋 鉄郎(向井理)

水田 正平(伊藤淳史

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ