とと姉ちゃん・あらすじ第80話『綾の真実』

第14週「常子、出版社を起こす」7月5日(火)放送

第80話あらすじ・ネタバレ

学友の村野綾(旧姓:中田)が小さい子供を連れて訪ねてくる。
常子と綾は9年ぶりの再会を喜び合った。

綾は、夫が亡くなったこと、家も火事になり母と二人で蒲田で間借りして生活をしているのだと話す。

常子は仕事にもつけずに苦労をしている綾に何か力になれることはないかと尋ねると、子供のオムツ用に浴衣などの生地が欲しいと答える。
常子達は惜しみもなく、綾に生地を渡す。

帰り際、常子が綾の母に挨拶に行きたいというが綾は難色を示す。
手紙のやりとりだけでもと住所を聞き、二人は別れた。

家に戻った常子に鉄郎は明日、市場に行こうと誘った。

翌日、賑わう市場に常子を連れて行った鉄郎は、『女にもチャンスが巡ってきたんだ』と市場で働く女性たちを見せた。

さらにその翌日、甲東出版で働く常子は会社を辞めるかどうか悩み始める。
帰り路、市場に立ち寄ると、偶然、木綿をわきに抱えた鉄郎と出会う。

常子は、綾のために木綿を鉄郎から譲ってもらうと、綾の家に向かう。

綾が住んでいる家に行くと家の中から怒号が聞こえる。
玄関のすりガラスからのぞくと、大家(?)に怒鳴られている綾と母・登志子が見えた。
綾は常子が家に来たことに気が付き動揺する。

とと姉ちゃん第80話感想

また出た悪者キャラ(笑)
何回も書きますが、こういうキャラが出てくると気分が悪い。
日本人って、こんな人ばっかりかと。
綾さんと一緒に住んでる女性の事です。
もう少し、なんとかならんのかな~、油断するとすぐに悪キャラ出てくるんだから。
あとさ、常子も綾親子が怒られているのを目の当りにしたら、隠れるとかしませんか?
ショックなのはわかるけど、あまりに綾の事を考えなさすぎで・・・。

一方、そんな常子さん、なんかしらないけど、突然出版社を辞めるという考えがわいてくる。
それらしきエピソードって、谷さんが『甲東出版ここにあり!』って、言っていたやつしか考えられないんだけど、あれで辞めようと思うのかな?もちろん、お金は欲しいんだろうけど、今やめたら五反田たちに砂をかけることにならないのかな?どうやって出版社立ち上げるのか楽しみ。

でも今日ミッチーが言ってた『常子君の企画』って何すかね?

結構、私の中では繋がらないことが多い。

とと姉ちゃん第80話のイラスト

木綿を綾にあげるのは恩返しになるだろうけど、それを鉄郎から貰うのは何か違う気がする・・・

木綿を綾にあげるのは恩返しになるだろうけど、それを鉄郎から貰うのは何か違う気がする・・・

とと姉ちゃん第80話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)
小橋 君子(木村多江)
小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

村田 綾(阿部純子)

小橋 鉄郎(向井理)

五反田 一郎(及川光博)
谷 誠治(山口智充)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ