とと姉ちゃん・あらすじ第64話『祝言の準備』

第11週「常子、失業する」6月16日(水)放送

第64話あらすじ・ネタバレ

娘の富江の子供を身ごもらせたのが従業員の長谷川だと知り、宗吉は逆上し、長谷川を追いかけまわす。
富江と照代が宗吉を止めようとするも宗吉の怒りは収まらなかった。

しかし、まつに宗吉も同じだったと指摘されると宗吉は何も言えなくなってしまう。
そのまつは、高崎に移住する話について一晩考えさせてほしいと照代たちに伝えた。

翌朝、まつは生まれてくる子供ために移住を決意する。
宗吉も長谷川と富江の結婚を認めると鞠子が二人の祝言をあげようと提案した。

材料が手に入らないと宗吉は渋るが、美子や君子、まつの後押しで祝言をあげることになった。

- 祝言当日、卵焼き(まつの工夫で山芋入り)やかまぼこなどが準備が進められていく。
宗吉が魚をさばこうとすると長谷川が自分にやらせてほしいと願い出る。
一人前と認めないと宗吉は却下するが長谷川は食い下がらなかった。

「高崎に行くからには今までどおりって訳にはいきません。大将が用意して下すったその魚フッコでしょ?フッコは将来スズキになる出世魚で縁起がいい、あっしもいつまでも半人前のままじゃなく必ず一人前になって家族を守りやす!」

すると宗吉は包丁を置き、長谷川に調理を譲った。

常子は、着付けを終えた富江をみて息をのんだ。
「きれい・・・」

富江は着付けを手伝った照代に長谷川のことについて礼を伝えた。
照代は『母親が子供のためにするのは当たり前』と笑った。

とと姉ちゃん第64話のイラスト

宗吉

それまで烈火のごとく怒っていた宗吉が黙るシーン。
なんかえらいかわいかった(笑)
とぼけるというより、なんていえばいいんだろう。とにかくピエール瀧さんの演技が絶妙すぎ。

とと姉ちゃん第64話の感想

完全に常子の存在感が消された回でしたね。
もっぱら中心は、生まれてくる子供のために引っ越しを決断する森田屋。
一方、君子は『私たちは、おばあさまのところに』…もう少し早めに引っ越してもよかったんではないだろうか…。
とにかく、どこかで見たことあるドタバタ劇を繰り広げるメンバーだけど不思議と楽しかったです。

やっぱり思うのですが、最近の常子のキャラが魅力がないなぁって。
現段階の話ですから、今後はどうなるかわかりませんけど…
朝から落ち込むヒロインを見ると、こっちも少なからずダメージを(笑)
逆に長谷川からは元気をもらえた。

とと姉ちゃん第64話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ