とと姉ちゃんあらすじ第58話『熱で会社を休む』

第10週「常子、プロポーズされる」6月9日(木)放送

第58話あらすじ・ネタバレ

突然の星野武蔵のプロポーズに常子の目からは大粒の涙がこぼれる。
武蔵に『うれしいです』と礼を言うが、少し考えてほしいと伝えた。

その日の夜、君子は美子に頬をたたいたことを謝っていた。
美子も君子に心配をかけたと謝罪したが、鞠子だけは『巻き込まないでほしい』と美子に口を尖らせる。

すると呆けた顔をした常子が帰宅する。
常子は、鞠子に万年筆、美子にくしをプレゼントする。

冬の服を買うための金だと君子は指摘したが、常子は欲しいものがなかったと笑顔を見せ、疲れたので夕食はいらないと伝えた。

翌朝、常子は高熱を出す。
出社しようとする常子に、君子は休むのも家長の仕事だと説得し、常子はそれに従った。
常子が会社を休み、同僚の多田は『元気の塊のように方が休むなんて』と驚いていた。
そのころ、ナラザワ洋裁店に寄った美子は毛糸を選んでいた。

翌日も常子は会社を休むが体調はかなり回復していた。
そこに早乙女が見舞いに森田屋にやってくる。

早乙女は、常子が掲げている『妹達を嫁に出す』と書かれた紙を見て、兄弟がいない自分には理解することができないと言った。
そして、自分がしつけの厳しい親の元で育ったことを伝えた。

早乙女の話を聞いて、常子は早乙女が強い理由がわかった気がしたが、早乙女は『やっていることは、ただの清書』だと笑った。

とと姉ちゃん第58話のイラスト

ごめんなさい。まだ準備中です…たぶん

とと姉ちゃん第58話の感想

美子が毛糸をあんでいるのは、冬物を買うためのお金を妹たちに使った常子へのものだと思うんだけど、どうも小橋家の金銭事情がいまいちわからないんですよね。

森田屋と同じくらい稼いでるかもしれないって、さらりと言っていたけど、実際はどうなんでしょうね。
まあ、鞠子を大学に行かせることができるくらいだから、やっぱり相当稼いでいるのかもしれませんね。

さて、久しぶりに悪二人組が登場。
もう出てこないと思っていたから、若干再登場、うれしかった。
ヒゲの方もしゃべるんですね(笑)

とと姉ちゃん第58話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

青柳 滝子(大地真央)

森田 富江(川栄李奈)

早乙女朱美(真野恵里菜)
多田 かをる(我妻三輪子)
星野武蔵(坂口健太郎)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ