とと姉ちゃんあらすじ第53話『すき焼きを振る舞う』

第9週「常子、初任給をもらう」6月3日(金)放送

第53話あらすじ・ネタバレ

常子は、もらった給料で、牛肉を大量に購入し、森田屋メンバーに“すき焼き”をしようと持ち掛ける。

富江や長谷川、宗吉たちは喜ぶのも束の間、まつが断ってしまう。
「常子が懸命に働いて初めてもらった給金で買った肉だ。うちのもんが食べる道理はないよ」
まつの言葉に、宗吉はしぶしぶ納得するが腹の虫が鳴ってしまう。

部屋に戻った常子は生活費にしてほしいと君子に給料袋を渡した。
そして、中断していた『月に一度のお出かけ』の復活を提案する。

常子たちが部屋ですき焼きをはしゃぎながら食べるのを、一階で宗吉たちは羨ましそうにきいていた。

ある日、常子は就職先の世話になった礼にと、教師の東堂を招いた。
森田屋メンバーは東堂にいろいろな質問をする。
最初は快く応対していた東堂だったが“天狗の捕まえ方”や“双葉山が勝つか”などの質問についにはキレてしまう。

常子と鞠子は東堂に勉強や就職の礼を伝える。
そして宗吉が料理をふるまおうとすると東堂は招待された礼にと、“ハムレット”の芝居を始めるのだった。

1年後、大きく成長し、女学生になった美子と帝大生になった鞠子、常子、君子で”月一度のお出かけ”をする。

デパートへ行き、帰りにレストランで食事。
美子がトイレに行っている間に、話題が美子の話になる。
君子は美子は竹蔵に似てたくましいと常子と鞠子に伝えた。

トイレから戻ってきた美子は常子と鞠子が譲り合っているイチゴを『丸く収めるため』と食べてしまう。
常子と美子は、君子の言った通り美子がたくましいと驚いた。

とと姉ちゃん第53話のイラスト

常子、意外に冷たい

住み込みの使用人なのに家族同然にしてもらっている小橋家。
先日は、卒業と誕生会で鯛とごちそうで祝ってもらって、この仕打ち。
まつは当然、遠慮したんだろうけど、そこは、常子あっさり引き下がったらダメでしょ(笑)
それにイワシと煮物って、常子たちの分もあっただろうに・・・。
今日は、宗吉達が不憫に思えて仕方なかった会でした。

とと姉ちゃん第53話の感想

美子の子、どこかで見たことあると思ったら、クックドゥで、ぐっさんと料理をバクバク食べるでした。
食べてるときに思い出したけど、制作サイドが意図的に食べるシーンを入れたのかな?
今日はすき焼きも食べてたし、このドラマ、食べるシーンが結構ありますね。
そういえば“あさが来た”は、そんなになかったような。

さて、就職していきなり1年後ということですが、いきなり飛ばしましたね。
もう少し会社の事をやってほしかったけど、女学校の時と同様に、もうほかの女性社員とうまいことやってるのかな。
鞠子の受験のシーンもまるっと無いし、うーん…確かに展開が“まれ”と似てる。

とと姉ちゃん第53話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

東堂チヨ(片桐はいり)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ