とと姉ちゃんあらすじ第43話『チューブ』

第8週「常子、職業婦人になる」5月23日(月)放送

第43話あらすじ・ネタバレ

鉄郎が去った次の朝、森田屋に星野武蔵がやってくる。
武蔵は、常子から貰った練り歯磨きの紙を広げ、紙だと歯磨きを多く使ってしまうので容器を工夫したほうがいいと伝える。

美子が武蔵の持っていたスケッチブックを見て、彩色されていることに驚く。
竹蔵が絵具を使って塗ったのだと説明すると、常子がひらめく。

宗吉たちは、鉄郎と男性二人組の話を聞くと常子たちの事を心配する。
しかし、常子は『心配無用』とばかりに、秘策を説明する。

それは、取り立て屋には歯磨き500袋(150円相当)を渡すが、一方でチューブに入れた歯磨きの商品を生産し、それで利益をあげるというものだった。

まつだけでなく、宗吉も常子たちの歯磨き生産を手伝うことにした。
森田屋総出で練り歯磨きを生産すること、一週間、取り立て屋が店に現れる。

常子は、あらかじめ用意していた紙に包まれた練り歯磨きの商品を男に渡した。
男は、いい匂いがすると店の調理場へ足を踏み入れた。

すると、鍋にはいったチューブ状の歯磨きに気が付き、男達は激怒。
宗吉と長谷川は抵抗しようとするも、男たちの凄みに圧倒されてしまう。

その時、滝子が大勢の男たちを引き連れて現れる。
「それくらいにしな!これ以上派手に暴れたら、私らが黙っちゃいないよ!」

滝子の啖呵に男たちは震えながら帰って行く。
滝子は常子に身内だから相談してほしかったと伝えると常子は謝った。

チューブ状の練り歯磨きに隈井と滝子が関心したが、チューブは突然破裂し、中から練り歯磨きが次々と飛散した。

とと姉ちゃん第43話のイラスト

森田屋の卵焼きを食す

森田屋の卵焼きは超絶甘いという設定なので、一瞬期待したんだけどな(笑)

とと姉ちゃん第43話の感想

週明けにいきなり解決っすか。
ただ、よくわからない点が…
まず、なぜ調理場の鍋にチューブの歯磨きを入れていたかということ。
まだ販売前だから、二階の押し入れくらい入れておけばいいのに。
それと、常子のアイディアはすごい良かった。けど、考えてみたらチューブ状の歯磨きを販売したところで、絶対ばれるよね?つまり、遅かれ早かれ的な。

滝子が男たちを連れてくるタイミングも、突然すぎるし。
なんか通報でもあったのかな?
とまあ、ケチをつけるわけじゃないけど、以上が今日の気になったところです。

滝子の迫力とか、常子の絵具からヒントを得るところ、男が卵焼きを食べるくだりとかは結構、面白かったです。

ただ、結局、また他人だけの力で問題を解決したことが、ちょっと残念。
常子だけの力で打開してほしかったです。

とと姉ちゃん第43話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

青柳 滝子(大地真央)
青柳 清(大野拓朗)
隈井 栄太郎(片岡鶴太郎)

森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

星野武蔵(坂口健太郎)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ