とと姉ちゃんあらすじ第42話『練り歯磨き販売開始』

第7週「常子、ビジネスに挑戦する」5月21日(土)放送

第42話あらすじ・ネタバレ

練り歯磨きを拡散していくことに成功した常子は、嬉しくて学校を飛び跳ねていた。
東堂に声をかけると胸のつかえがとれたと伝える。

東堂は、勘違いをし、鞠子の進学の問題が解決したのだと漏らしてしまう。
妹が大学への進学を希望していたことを知り、常子は驚く。
そして大学進学のために練り歯磨き事業をなんとか成功させようと気合をいれるのだった。

練り歯磨きは、小橋常子の名前をとって『KT歯磨き』と名付けられる。
鉄郎の借りてきた大金を元手に、小橋家は大量生産を開始、そして常子と鉄郎は路上で販売を行う。
たたき売りを始めた鉄郎の話術に客は集まり、夕方には全ての練り歯磨きは完売してしまった。

常子は鉄郎を頼もしいと尊敬の念を初めていただくが、それも束の間、強面の男性二人組がやってきて(鉄郎が借りている相手)、店の売り上げをすべて持っていく。
されに男たちは、借金をチャラにするかわりに、歯磨き10個1銭(販売価格は1個30銭)で作るように言ってきた。

家に帰えり、常子たちは鉄郎に詰め寄るが、鉄郎は宗吉と一緒に飲みに出てしまう。
そしてそのまま、鉄郎は置手紙を置いて、早朝、去って行ってしまうのだった。

『叔父さんはキャツラを黙らせるだけの金を作って戻ってくる。
それまでは頑張って歯磨きを作って持ちこたえてくれ。あばよ。 鉄郎』

常子は鉄郎の手紙を破り捨てた。

とと姉ちゃん第42話の感想

あまりにも鉄郎が残念すぎる…。
“まれ”の父親の徹を思い出しました。
でも、鉄郎なりに打開策を・・・って思ってけど、そもそも鉄郎の借金だからな~。
ちょっと救いようないかも(笑)

鉄郎に逃げられ、森田屋に乗り込む気満々の強面ズ。
どうなるのかな?って、気になるのも数秒、もう予告で誰が解決するかわかっちゃうという…。
来週はいよいよ卒業かな?

とと姉ちゃん第42話のイラスト

鉄郎、逃げる

鉄郎が兄・竹蔵と違いすぎ(笑)
鉄郎と武蔵の絡みをもっとみたかった・・。

とと姉ちゃん第42話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

小橋 鉄郎(向井理)

森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

東堂チヨ(片桐はいり)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ