とと姉ちゃんあらすじ第41話『練り歯磨き完成』

第7週「常子、ビジネスに挑戦する」5月21日(金)放送

第41話あらすじ・ネタバレ

常子、鞠子、美子は、薄荷(ハッカ)を試作中の練り歯磨きに入れ、完成させた。
三人は大金を手に入れた生活を夢見るのだった。

早速、森田屋メンバーに練り歯磨きを味見してもらうと
全員から高い評価をえることに成功する。
そして、より多くの人に試してもらおうと、常子たちは、手分けして
学校、近所と練り歯磨きの試作品を配った。

周囲からの評価も高かったことを三姉妹が祝っていると、鉄郎が暗い顔をしてやってくる。
鉄郎は事業のパートナーに金を持ち逃げされたこと、借金を背負ったことを話し、10日までに150円を用意しなければならないとこぼした。

常子は、練り歯磨きをちらりと見て
「10日までに150円、何とかできるかもしれません(笑)」
と伝える。

練り歯磨きの話を聞いた鉄郎は、味見をし、売れるかもしれないと言った。
そして商売するなら道端で配ろうとする常子に、森田屋の弁当に添えるほうが宣伝効果は高いと提案した。

しかし、宗吉は弁当の後味が変わるかもしれないという理由で、練り歯磨きをつけることを許可しなかった。
そこで、鉄郎は小声で飲みに行ったときに、宗吉が飲み屋の女将を口説いていたと小声で伝えた。
すると宗吉は笑顔で、弁当に練り歯磨きをつけることを許諾する。

その日から、森田屋の弁当に練り歯磨きがおまけでつけられ、森田屋メンバーは全員で練り歯磨きの宣伝にあたるのだった。

とと姉ちゃん第41話の感想

宗吉の態度が変わったのに、結局、奥さんにひっかかれたのね。
やっぱり宗吉の奥さん、怖い人だったんだ(笑)

練り歯磨き、結構配っていたけど、材料費ってどうしたんだろ?
実際には、それほど生活に困窮しているわけではないみたいだか、森田屋から結構なお給金をもらっていたのかも・・・という印象。

でも、練り歯磨きを弁当におまけとして配るのは本当にいいアイディア。
当時、『歯磨きが1日1回塩で』というのが主流だったら、すごいことになりそう。
この辺の史実がどうなのかすごい興味あります。

それと常子は、いつの間にかクラスの人気者みたいになってたのね。
よかったけど、それはそれで、あの一連の仕打ちは何だったんだろうと(笑)

とと姉ちゃん第41話のイラスト

照代と宗吉

照代さんは、笑顔が怖いって言われるんですみたいな事をいっていたけど、鉄郎の言う通り、本当はこわかったという・・・。なにげに宗吉がびびってるのがかわいい(笑)

とと姉ちゃん第41話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

星野武蔵(坂口健太郎)

森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

中田 綾(阿部純子)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ