あらすじ第30話『ごはんも大事だと思います』

第5週「常子、新種を発見する」5月7日(土)放送

第30話あらすじ・ネタバレ

星野武蔵が発見したと思われていたゲラニウム(花)の記事を見て、常子達が、慌てていると武蔵が森田屋に到着する。

全員で笑顔を作って迎えると、武蔵は大学の教授に報告するはずだったが、大学が休みのため報告してないと説明した。

森田屋の面々は武蔵を部屋にひとり残し、厨房で誰が武蔵に伝えるか相談をはじめる。
宗吉は長谷川に行かせようとするが長谷川は強く反発する。
すると常子がもともとは自分が武蔵を青柳商店に連れて行ったのが原因だと自分から伝えると言い出す。
しかし、武蔵が両親に手紙を書いたと話すと、常子は伝えることはできなかった。

武蔵が好きな食べ物は母が作った味噌汁とだけ聞いた常子が厨房で落ち込んでいると、武蔵がお茶をこぼしてしまう。

長谷川は濡れた床を拭こうと手に持っていた新聞をひろげると、武蔵は、新聞の記事に気がつき、その場で気を失ってしまう。

武蔵を寝かせると、常子は宗吉に台所を借り、味噌汁を作り始める。

目を覚ました武蔵が味噌汁をのむと『母と同じだ』と驚いた表情をする。
その反応をみて、常子はほっと胸をなでおろした。
「お国が飛騨高山だとおっしゃっていたのでもしかしたら赤みそかなあと(笑)」

そして、味噌汁を飲む武蔵に研究も大事だが食べて元気でいることも大事だと伝えた。
「その方が頭も回るし…だから…元気でいて下さい、お国のご両親のためにも…すみません、差し出がましい事を…」

「とても合理的な考えだと思います、確かに体を壊しては何もできないちゃんと食べてちゃんと寝て、いつか必ず新しい植物を発見してみせます!」
武蔵は明るく言うと、味噌汁を口にいれた。

まつから土産(作っていたちらし寿司?)を持たされ、武蔵は明るい表情で帰っていった。君子は『おいしいもの食べると人は力が出るもの』と笑った。
しかし常子から滝子との事を聞かれると、回答をごまかし家に入るのだった。

その頃、滝子は沢山の手紙が入っている箱を開けていた。

とと姉ちゃん第30話の感想

来週は、とうとう“そうこなくっちゃ!”状態です(笑)
以前から、あんな立派な“とと”なのに、娘達に何の説明もなしで、半ば駆け落ち状態ってのは不自然すぎると思ってました。
これを書くと、結構ネガティブというかドラマ批判っぽいかなって思って書かなかったんですがね。
やっぱり、ととは滝子に何らかの形(予告で手紙とはわかったけど一応ぼかします)で接触しようとしていたんですね。さすがととです。
なんだか胸のつかえがちょっと取れました(笑)。

ショックで寝込んでしまった武蔵に味噌汁もっていくのはいいとして、ただご飯まで食べさせちゃうと、せっかく作ったちらしが…って思いましたが、お土産にしてたので、安心しました。まあ、武蔵が帰ったのは夕方っぽかったので、夕食でちらしを食べたのかもしれませんが…

それにしても、まさかの西島ととの再登場。
最近は回想すら流れなくなってしまったけど、来週、楽しみです(笑)

ちなみにサブタイトル、常子どころか武蔵も新種を発見しなかったけど…新種とは何かを比喩してるのかな?

とと姉ちゃん第30話イラスト

星野武蔵、ショックでピョる

昔ストリートファイターⅡってゲームがありまして、なんだかそれを思い出しました。ショックと空腹で倒れる星野武蔵さん、是非頑張ってもらいたい(笑)

とと姉ちゃん第30話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

青柳 滝子(大地真央)

森田まつ(秋野 暢子)
森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

星野武蔵(坂口健太郎)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ