とと姉ちゃん第28話あらすじ『武蔵、森田屋で食事』

第5週「常子、新種を発見する」5月5日(木)放送

第28話あらすじ・ネタバレ

突然、星野武蔵に抱きつかれて常子は目をパチクリさせた。
竹蔵は、貧血だと説明し、歩き出すがすぐに常子の目の前で倒れてしまう。

常子が森田屋に連れ帰ると、宗吉達は一斉に武蔵に厳しい目を向ける。
まつは、日頃から大きな荷物を持つ武蔵を押し売りだといい、長谷川はいつも人の家の庭を覗いていることから空き巣だと決めつけ非難した。

武蔵は学生証を見せ、帝国大学の学生で植物の研究をしていると説明する。
帝大の学生と聞き、宗吉達は手のひらをかえしたように対応する。

まつのすすめで勘違いしたお詫びに食事を出すと、武蔵は凄い勢いで出された食事を食べ始める。

武蔵は植物を研究し、いつか新種の植物をみつけて両親の名前をつけて恩返しがしたいのだと語った。
武蔵の話をきいた宗吉達は感動し、応援すると伝える。

武蔵は食事の礼をいい、森田屋を出た。
道でボーっとしていた武蔵に常子が忘れ物をとどけると、武蔵が『月が綺麗ですね』と常子に言った。

後ろで聞いていた鞠子は君子と美子に『I Love you』を夏目漱石が『月が綺麗』と訳した話をし、武蔵が常子を女性としてみているに違いないと興奮して言った。
しかし、武蔵はすぐに否定する。

「いつもは植物を探して下ばかり向いているんですが皆さんと過ごして背筋が正され視線が上がった気がします。だから夕暮れの月に気付く事ができた、それで嬉しくなって月がきれいだと(笑)」

帰っていく武蔵を常子が見送る、その様子を君子もまた微笑ましくみていた。
その夜、君子は常子の寝顔をみに部屋の襖をあけた。
>無邪気な寝顔を見て、改めて常子の幸せを願う君子でした

とと姉ちゃん第28話の感想

ゴールデンウィーク、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
昨日、今日とサボり気味でしたが、ちょくちょくまた書いていこうと思ってます。

さて、とと姉ちゃんですが、今日は武蔵のちょっと詳しい人物紹介というか森田屋とのファーストコンタクトって回。
ただ、いきなりやってきた学生をあそこまで警戒する意味がわかりませんでした。
宗吉たちの口調から近所で見かける変な男性だというのはわかるけど、学生服着てるし、あれって、帝国大学とやらの学生服なんじゃないのかな?

あさが来たのスピンオフを出だし30分だけ見ましたが、やっぱり脚本がしっかりしてるというか、強引な展開でも、ちゃんと筋が通ってるんですよね~
最近のとと姉ちゃんは、ネットで言われているように、若干『まれ』っぽさを感じてしまいます。とりあえず、キャラを絡めてドタバタさせておこうみたいな。

前回も書いたけど、今のところ、とと姉ちゃんじゃなくて、とと母ちゃん的な話ですし…。早く常子がととのように働くような展開になってほしいですわ。

とと姉ちゃん第28話イラスト

常子を心配する君子

今のところ、常子がととの代わりというより、世間知らずっぽい君子がよくがんばってるな~と思っちゃう展開です。早く常子に活躍して欲しいんですけど・・・

とと姉ちゃん第28話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

森田まつ(秋野 暢子)
森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

星野武蔵(坂口健太郎)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ