とと姉ちゃん第26話あらすじ『滝子にミシンを借りる』

第5週「常子、新種を発見する」5月3日(火)放送

第26話あらすじ・ネタバレ

常子は青柳家に行きミシンを借りようとするが、いざ滝子を見ると、声をかけることもできなかった。

そこで清に声をかけ、ミシンを借りたいと伝える。
しかし、清は滝子に確認しないとと返答。
常子は清をおだて、ミシンをこっそり借りることに成功する。

青柳屋の裏で富江は隠れて待っていたが、森田屋では帰ってこない富江をみんなで探しはじめていた。

常子がミシンで破れた制服をなおしていると、滝子が戻ってくる。
滝子に事情を説明すると、ミシンを借りることを快諾される。

常子のミシンの手先にに滝子は驚いた。
すると常子は母・君子からミシンは『自分でできないと駄目』と小さい頃から教わっていたことを教えた。その話に滝子は意外そうな顔をする。

作業が終わり、鞠子の制服を元通りにすると滝子が常子の進路について尋ねてくる。
そして、滝子が『青柳を継いでみたいと思ったことはないか』と質問すると常子は『自分の進路について考えたこともなかった』と返答する。

常子は富江と一緒に森田屋へ帰宅すると、森田屋の人々は全員うつむいた状態だった。

富江が正直に話そうとする前に、清が制服の一連の話を鞠子たちに話していたのだ。

宗吉は、制服をとったことを富江本人に確認すると激怒し声をあらげた。

とと姉ちゃん第26話の感想

清が滝子と分かり合えないみたいなセリフがあり、実は清はアホを装っていると一瞬思ったんですが、見当違いだったみたいで…。
あ、今日は謎の白い液体、持ってませんでしたね。

一方、その親、滝子が常子に『孫なんだから堂々としてたらいいじゃん』とか言ってましたが、その孫を思い切り無視していたので、このセリフもなんか不思議。
そもそも先週、武蔵くんが向日葵の良い話(悪くなければ堂々としていればいい)という話があったばかりなので、『コソコソ』しなくてはいけない、このエピソードはなんか勿体無い。私的には、最初から堂々と滝子にお願いにいってほしかったです。

あと、常子が『家族を守っていくことしか頭になかった』的なセリフを発言していたけど、今のところ、そういうシーンは米を得るために走る運動会しか思いつかないので、あんまり胸に刺さらず。どちらかというと君子さんの方が家族を守るための気合が伝わってきてるような…。

そういう意味では、朝からバイトをいくつもかけもちしていた“まれさん”の方がまだ説得力あるかもしれません。
女学校編はそろそろ切り上げて、早く“とと”の代わりにならないと!

とと姉ちゃん第26話イラスト

青柳清の計画

ちょっと、前から思っていたことです。実はラスボスは清的な(笑)。まあ、ありえないんですけどね。
とりあえず、最近、大きいかもと気がつきました。
GW休みなので、ちょっと絵を描く時間ができて嬉しいです。

とと姉ちゃん第26話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

青柳 滝子(大地真央)
青柳 清(大野拓朗)
隈井 栄太郎(片岡鶴太郎)

森田まつ(秋野 暢子)
森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ