【朝ドラ】とと姉ちゃん第20話あらすじ『ポリゴヌム』

第4週「常子、編入試験に挑む」4月26日(火)放送

第20話あらすじ・ネタバレ

弁当屋の森田屋に住み込みで働く常子達は朝4時に起こされ、調理と弁当につめる作業を行う日々をすごしていた。

鞠子と常子は寺への弁当の配達を終え、帰ろうとしたとき、境内でうずくまっているように見える男子学生を発見。
声をかけると男子学生・星野武蔵(たけぞう)は植物(ポリゴヌム)の観察のため植えていたところだと説明する。

星野は植物を観察する理由を常子と鞠子に話した。
「近年、植物は過酷な条件下で育てると、それに順応して生き抜こうとする事が分かってきました。だから日陰に植え替えると、たくましく育つのではないかなと(笑)」

鞠子は興味深そうに聞いていたが、常子は妙な人物とかかわらないほうがいいと耳打ちをする。
帰る途中、配達を終えた母・君子とまつと遭遇する。
4人で店に戻ろうと歩いていると、祖母・滝子と隈井とすれ違う。
滝子は前回のようにまつに嫌味を言い合うが、君子には声もかけずに素通りしてしまう。

常子は、なかなか仕事に慣れず宗吉に文句を言われる君子を心配していた。

その矢先、弁当の中身が違うと客が怒鳴り込んでくる。

常子達が店に戻ると宗吉が激怒していた。
配達先が間違えたと知り、常子達は驚くのだった。

とと姉ちゃん第20話感想

結構、ベタなフリというか『配達間違えんなよ』からの『配達間違えました』。
これほど丁寧な前フリもないんじゃないかな(笑)
とにかくオラフの大将、激怒。
いや、でもあの弁当箱では、確かに間違えるんじゃ…80年間、今まで一度もなかったのかな?だとしたら、ミスは小橋家が原因?でも貼紙がアップで映っていたからな~真相は明日ですね。

一方、突然現れた謎のイケメン。
坂口さん、かなり攻めたキャラ作りなんじゃないだろうか…イケメンだけど、本気ですね。とにかく、この新しい星野って人は植物大好きっ子なのかな。新次郎もそうでしたが、まさに草食系男子(今はあんまり使わないか)。

ちなみに私はまだ全然楽しいのですが、好調な視聴率と裏腹に私の周りでは早くも『?』的なコメントが…。確かに、ととがいた頃よりは何かダウンしたように感じますし、ここにきて君子達の事情を知っているのに厳しく接する森田屋の存在が今のところ、見ていてつらいかも。

とと姉ちゃん第20話イラスト

坂口健太郎登場

坂口健太郎さん演じる男子学生、どんな男性かと思いきや、強烈な草食系のキャラでした。あわただしく働く、またずっとイライラしている森田屋の主人と対になっているのかな?とにかくおっとりしすぎで好感もてます。

とと姉ちゃん第20話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

隈井 栄太郎(片岡鶴太郎)

森田まつ(秋野 暢子)
森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

星野 武蔵(坂口健太郎)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ