【朝ドラ】とと姉ちゃん第18話あらすじ『青柳家を出て行く』

第3週「常子、はじめて祖母と対面す」4月23日(土)放送

第18話あらすじ・ネタバレ

常子を清の嫁にして青柳家に迎え入れたいと滝子が伝えると君子は驚く。
はじめから自分たちを浜松から受け入れたのは娘の誰かを清の嫁にするつもりだったのだと君子は反発する。

滝子は否定したが君子は滝子の言葉を信じなかった。
そして自分は子供の人生を親が決めてはいけないと竹蔵とよく話をしていたと伝える。

しかし滝子は縁を切って出て行った君子のことを指摘し、女性が働いて幸せになることは難しい、青柳家に入れば食うに困らない、それから幸せを見つければいいと伝える。

君子は涙をこぼしながら、自分は竹蔵と過ごした時間を間違ったものではないと滝子の意見を否定した。

滝子は激怒し、君子に家から出て行くよう伝える。
「そこまで言うなら、私に頼らず、その幸せとやらを手にしておくれ!」

君子は『お世話になりました』と深く頭を下げ、部屋をあとにした。
妹達と、おままごとをしていたところに沈んだ表情の君子が現れる。
君子は青柳家を出て行かなければならなくなったと伝えると、常子は妹二人に荷造りをしようと明るく声をかけた。。
「理由なんて何だっていいじゃない。かかが決めた事なんだよ。私たちの事思っての事に決まってるよ。ねっ(笑)」
荷物を背負って4人は青柳家を出た。
するとすぐ隣の森田屋の住み込みの仕込み募集の紙を見て君子がここで世話になろうと言い出す。

4人は森田屋を訪れ事情を話すと森田屋の女将・まつはしぶしぶ了承する。
一方、君子達を追い出したことを知り、隈井は滝子に連れ戻すよう説得していた。
滝子は隈井に居場所だけでもつきとめるよう伝えたとき、隈井は隣の森田屋の二階にいた君子と目があった。

君子が慌てて戸を閉めると、まつが君子たちに仕込みの仕事を手伝うよう呼びに来る。
君子達が厨房に降りると従業員からにらまれてしまう。

とと姉ちゃん第18話感想

春先のこの時期は仕事が忙しくて…ま、今日は休みだったんですけどね(笑)
とりあえず、昨日の17話とあわせて、土曜日に2話見ました。
連続して観るとちょっとボリュームがあるから、なんか得した気分です。

清の嫁にと突然言われたかか。
うーん、清のキャラクターがそうさせたわけではないですが、かたくなに拒否。
でも、もし清が、それこそ新次郎みたいだったら、もったないかも。
とりあえず当の清が、あんな調子だから滝子も心配でしっかり者の常子に目をつけたのかな?食うに困らないけど、清と結婚したらストレスにやられそう(笑)

さて、今日はBSで『あさが来た』のスピンオフドラマ『割れ鍋に綴じ蓋』が放送されました。とりあえず録画したので、明日ゆっくり見る予定です。
亀助、演じてる三宅弘城さんは、かなり好きな俳優さんなので楽しみ。
三宅さんは、教育テレビの『みーつけた』で、イスの応援団をはじめ、色々な役をやっていて、実は後ろ宙返りとかできる多才な人なのです。

とと姉ちゃん第18話イラスト

君子と滝子が衝突している頃の青柳清

とと姉ちゃん第18話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

青柳 滝子(大地真央)

隈井 栄太郎(片岡鶴太郎)

森田まつ(秋野 暢子)
森田 宗吉(ピエール瀧)
森田 照代(平岩紙)
森田 富江(川栄李奈)
長谷川 哲典(浜野謙太)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ