【朝ドラ】とと姉ちゃん第16話あらすじ『清の違和感に気づく』

第3週「常子、はじめて祖母と対面す」4月21日(木)放送

第16話あらすじ・ネタバレ

小橋家が青柳家に来て一週間が経過。
常子は鞠子、美子と編入試験に向けて勉強していたが青柳清の事が頭にちらつき勉強に身が入らなかった。

美子と常子が晩御飯の献立と清の話をしていると祖母・滝子が後ろを通る。
滝子は鞠子を見習って勉強しなさいと声をかけた。

一方、君子は働き口を探して店を転々としていたが就職先は見つからなかった。
君子が帰宅してないことを知った常子は清に君子について尋ねる。
清は知らないと答えると大きなため息をついた。
常子がため息の理由を聞くと清は忙しいが手を抜けない性格だからと言いだす。

鞠子が迎えにいこうと呼びにきたので常子は清を放って家をでた。
清は一人になっても『まいった~(笑)』とこぼしていた。
君子と青柳家に戻ると、滝子が待っていた。
するとそこへ、森田屋の女将・森田まつがやってくる。

君子とまつは、笑顔で嫌味を言い合う姿に君子や常子は呆然。
あとからやってきた隈井は犬猿の仲と笑うのだった。
夕食は、美子の言ってた通り天ぷらだった。
三姉妹が食べる中、清は『昼も接待で天ぷらだった』と自慢する。
常子は清の自慢話にひいてしまう。
>あれ?なんだか思っていた人と違う…と常子は感じ始めました。

その夜、鞠子も美子も清の自慢話について同調する。
「参ったな…聞こえちゃった?」
常子のモノマネに盛り上がる三姉妹だったが、君子がやってきて早く寝るよう伝える。
翌日、また清がこれみよがしにため息をつき、常子に声をかけてもらいたそうにしていた。仕方なく、常子が声をかけると、清は今夜も接待だとこぼした。
『人脈が財産』と清が言うと、常子は急いで滝子の部屋を訪れた。

君子の仕事先をみつけられるかもしれないと常子は滝子に外回りの時に一緒に連れて行ってもらえるよう頼んだ。
滝子は、君子に頼まれもせずに常子が行動する理由を尋ねた。
すると常子は『家族を助けるためだったら、何だってしたいんです』と言う。

常子の言葉をきいた滝子は笑みをこぼした。
「ついといで」

とと姉ちゃん第16話感想

今日は録画せずにタイムリーに見たのでセリフとか描写が違っているかも知れません。
あらかじめ御了承ください。

さて、昨日、登場した清、こういう人って、たまにいますよね(笑)
私もちょっとというか、だいぶ苦手です。
大抵こういう人は寝てない自慢が得意(笑)
登場して二日目で主人公にこんなにうざがられるってのも珍しいです。

一方、滝子と犬猿の仲だというまつ。
普段から気が強そうな秋野さんにぴったり(笑)
ふたりのバトルは、言葉の言い回しがちょっと面白かったです。
そんな二人をあざ笑うかのように登場する隈井さん。
フェードアウトの仕方がアドリブっぽくて…まるで“ひょうきん族”をみてるよう(笑)

とと姉ちゃん第16話イラスト

青柳清が登場

清の飲んでいる白い液体は牛乳?カルピス?それが気になって気になって・・・
それにしても清はかなり濃いキャラですね(笑)

とと姉ちゃん第16話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 竹蔵(西島秀俊)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(根岸姫奈)

青柳 滝子(大地真央)
青柳 清(大野拓朗)

隈井 栄太郎(片岡鶴太郎)

森田まつ(秋野 暢子)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ