とと姉ちゃん・あらすじ第91話『衣服と戦う』

第16週「『あなたの暮らし』誕生す」7月18日(月)放送

とと姉ちゃん第91話あらすじ・ネタバレ

闇市を歩く常子と花山伊佐次は、女性同士が争う光景を目の当たりにする。
花山は、豊かな生活をとりもどす事として、まず“衣服”と戦うことを常子に提案する。常子も花山の提案に笑顔で賛成した。
「きれいなものを身に着けると少しだけでも気持ちが豊かになるような気がするんです。それができればこの国の暮らしぶりも変わるかもしれません」

甲東出版を訪れた常子に谷は雑誌の目玉企画のアドバイスを与える。
横から五反田が甲東出版の帳簿と経費をまとめた書類を持ってくる。
常子は書類の中身を確認し、印刷代と紙代に経費がかかっていることに驚いた。

一方、鞠子と美子は銀座でオフィスを探していた。
無名の出版社が信頼を得られるために銀座にオフィスを構えるのがいいと花山のアドバイスを忠実に守ろうとす美子と、全部要求を聞くことはないという鞠子。

しかし、家に帰ると常子も花山に従うべきといった。
そして常子はそろばんをはじきながら、4月までに雑誌を出さないと資金繰りが行き詰まるが花山の目玉企画まちだと君子に伝える。

鞠子と美子の奮闘で値引きさせ、銀座のオフィスを借りることになる。
その一週間後、引っ越し作業で水田とオフィスに物を運び入れていると、花山が現れる。
「誰だ?君は何なんだ」
すごい迫力できいてくるので、水田は慌ててオフィスから逃げ帰ってしまう。
花山が来る前に水田は何か伝えようとしていたが、美子と鞠子はきけなかった。

ある日、美子と鞠子が花山は知恵の輪を一日していて目玉企画を考えてないのではと心配になったと常子に伝えてくる。

そのとき、家に綾がやってくる。
顔色がすぐれない綾は、常子に深く頭を下げた。

「少し…お金を貸してもらえないかしら?家賃を値上げされて困ってるの…お願いします」

とと姉ちゃん第91話の感想

先週末の予告で綾さんが常子にお金を借りようとするのは、わかっていましたけど、実際に見るとやっぱり辛いですね。中の人もだいぶ役にはまってきた感じもあるし。
親友、しかも昔は、お手伝いさんまでいたご令嬢がお金を借りに来るというのは、常子からしたら、さぞかし複雑・・・の表情ですよね?最後の“間”は。
それとも『いや、いまうちにもお金ないから』的な顔なのかな?

ただ、率直な意見としては、親友だった人が、子供を置いて白い顔をして訪ねてきて『食べてないだけ』とか、言われたら「ちょっ!大丈夫!?」ってのが普通の反応じゃないかしら?
「いずこも同じね…」って、スルーしてしまう常子、大丈夫?相当、疲れてる?

それと不思議なのが、家も焼けたし、夫も、お父さんもお亡くなりになられたのはわかりましたが、夫の実家だって相当いい家柄だったわけですよね?
なんで、綾さん、あそこまで落ちぶれてしまうんでしょうか…。

今日は、後編オールスターが登場で、随分と豪華な朝ドラでしたが、最後の綾さんのシーンで一気にテンションダウン(笑)

とと姉ちゃん第91話のイラスト

ごめんなさい。まだ準備中です…たぶん

とと姉ちゃん第91話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 君子(木村多江)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

中田 綾(阿部純子)

花山伊佐次(唐沢寿明)

五反田 一郎(及川光博)
谷 誠治(山口智充)

水田正平(伊藤淳史)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ