とと姉ちゃん最終話感想

最終週「花山、常子に礼を言う」10月1(土)放送

とと姉ちゃん最終話の感想

昨日、高畑さんがテレビで最終話はととが・・・ってネタバレをしていたので
まあ、出るんだろうなくらいに思っていたら、ガッツリ出てたので驚きました。
結局、夢オチだったわけですが、久しぶりにととが見れて、ちょっと満足(笑)

ただ最終回としては、ととよりも花山さんじゃねーのかよ!っていうのはあります。
だって、ととよりも長い時間を共に過ごして、一緒に雑誌を作っていたわけですからね。どちらかというと、肩に宿った(笑)花山さんの方が出てくるべきでは?とか思いつつ、まあ、二人で出てきたらオカシイし…これしか着地地点はなかったのかも。

スターウォーズエピソード6のラストのように
みんなを横一列に並べるってのも悪くないかも(笑)

とと姉ちゃんは、結局、高い視聴率をキープしていたドラマですが
個人的には、ちょっと不満足でした。

もっと、常子は父親代わりをしてもよかったし、赤羽根とはもっとやりやってほしかった。広げた風呂敷が結構小さかったみたいな…。
あとナレシが多かったというのも不満だったかも。

逆に満足だった点は花山さんのキャラだったり、星野さんのキャラだったり…基本的に男性のキャラがいきいきと描かれていたのは、観てて痛快でした。

というわけで、とと姉ちゃんのあらすじ・感想は、これで終了です。

来週から、『べっぴんさん』が始まりますが
仕事が忙しくて、毎日書けないかもしれません…

もし、気が向いたら、本サイトに遊びに来てくれたらうれしいです。

ではでは。

スポンサーリンク

2 Responses to “とと姉ちゃん最終話感想”

  1. 読者より より:

    とと姉ちゃんのあらすじ、ありがとうございました!
    純と愛以降、ずっと楽しみにしています。

    シベリヤとは出会えましたか?

    終わって思うのは、タイピストを最初の職業に選んだあたりから「うーん?」と思う事はありましたが、常子さんはもう少し男っぽい性格でも良かったかもしれないですね。
    最後にととがガッツリ出てきたのは、やっぱりとと姉ちゃんだからねぇ、とは思いましたが、あそこでもっと常子さんが子供に戻ったように甘えたら良かったのに、と思ったりしました。でも、多分、常子さんにはできないでしょうね(笑)
    個人的には、おばあさまや女学校の先生にも出て頂きたかったな。

    これからの「べっぴんさん」のあらすじとイラストも楽しみにしています。

    • あさどらお より:

      コメント、ありがとうございます。
      シベリアは、おかげさまで食べることができました(笑)

      タイピストのあたりは確かに分岐点というか、私も『思てたんとちがう』と(笑)
      全体を通してですが、とと姉ちゃんの『とと色』より『姉ちゃん色』の方が色濃く出ていたイメージで、個人的には、もっと家長らしく活躍してほしかったです。

      ラストについては、とと姉ちゃんから解放されてからの甘えるってのは凄くいいですね!そのラストだったら、絶対号泣してましたよ(笑)

      最後ですが、現在仕事が忙しく、『べっぴんさん』を準備することが難しいです。
      のんびり、更新していこうかなと思ってます。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ