とと姉ちゃん第116話『商品試験開始』

第20週「常子、商品試験を始める」8月16日(火)放送

とと姉ちゃん第116話あらすじ・ネタバレ

常子は姉妹に家の人がいるかを尋ねると家の中から女性が出てくる。
女性は、家政婦だと常子に言った。

常子は台所を取材したいと伝えるが、家の主人は留守と断れれる。
その時、青葉が「あ!」と声をあげる。
見ると、傘の塗装がはげ、青葉の服に付着していたのだった。

常子達がオフィスに戻ると新しいミシンが到着していた。
しかし、美子がミシンを扱った瞬間、針が折れ、寿美子の頬をかすめた。

社員が失明しそうになったと花山は激怒し、ミシンの製造メーカーにクレームを入れるが相手にされなかった。
その時、常子の頭にアイディアが浮かび、常子は急いで黒板に『商品試験』と書いた。

「あなたの暮しで商品の試験をするの!」
常子は、粗悪品を自分たちが試験し、商品の特徴を雑誌に載せると提案する。
広告主もいないので公正な目で真実を伝えられると言うと、花山も賛成する。

「やるからには常子さんの言うとおりただの商品紹介ではなく世間に対し、危ないものはこれだ…と教えるものにしよう!」
花山はその場で緊急会議を開き、第一回目の試験をする商品は日常品で誰しも利用する石鹸に決定する。

その日の夜、常子は美子と取材協力をしてもらっている宗吉の店、キッチン森田屋へ最新号を届ける。
美子と付き合っている店の従業員・南大昭が現れる。
宗吉は大昭のことを『タイショウ』と呼びからかった。

常子は、大昭がもうすぐ仕込みを終えると知り、気をきかせて美子を残して、一人で帰った。
宗吉と照代、美子(大昭はキッチンへ戻った)は、相手がいない常子のことを心配し、『どうしたもんじゃろのぉ』と首をひねった。

家に帰った常子は石鹸のメモをとり、商品試験の企画の事を君子に伝える。
すると君子が、仕事が楽しいか尋ねてくる。

「私の頃はみんな…常子のようにやりたい事を仕事にするなんて、考えはなかったからどんな気持ちなのかなと思って(笑)」
常子は苦労はあるが純粋に楽しいと答えた。

とと姉ちゃん第116話の感想

昨日から登場している新人・大塚寿美子さん(今日、ミシンで頬を切った人)は、俳優・水谷豊さんと女優で元キャンディーズの伊藤蘭さんの娘さんだそうで。
どーでもいいけど、お母さんにソックリ。

二世タレントって本当に多いけど、この子はサラブレッドってわけですね。
結構キャリアも長いみたいですが、親の顔がちらついて、集中できません(笑)

さてさて、今日のとと姉ちゃんですが、常子のアイディアがひらめいたときのリアクションがちょっと好き。
とんでもないアイディアが舞い降りてきて、声を震わせるという…
将棋の羽生名人が凄い一手が浮かんだら震えるというのを思い出しました。
私も、アイディアが降りたとき興奮しますが、数分後、大したことないことと知るということが多いです(笑)

星野さんの家に家政婦さんがいたということは、父子家庭?

とと姉ちゃん第116話のイラスト

南大昭(演:上杉柊平)

何の前触れもなく、突如キッチン森田屋に現れたイケメン。

とと姉ちゃん第116話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)
小橋 君子(木村多江)
小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

水田正平(伊藤淳史)

花山伊佐治(唐沢寿明)

本木正晴(島崎敏郎)
大塚寿美子(趣里)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ