とと姉ちゃん第112話あらすじ『水田の両親上京』

第19週「鞠子、平塚らいてうに会う」8月11日(木)放送

とと姉ちゃん第112話あらすじ・ネタバレ

鞠子は水田の両親への挨拶のため、水田と一緒に甲府へ向かう。

鞠子が認められるか心配した常子達は、鞠子が帰宅するまで落ち着くことはできなかった。
そうこうしている間に夕方になり、鞠子と水田が帰ってくる。

3人が出迎えると、鞠子と水田と一緒に水田の両親、水田国彦と妻・むめがやってくる。
水田國彦とむめは、とても明るい夫婦で、自分たちの畑から沢山の農作物などをもってきたのだった。
自分の冗談で大爆笑する国彦とむめに圧倒される小橋家。

国彦は、息子が鞠子という立派な女性と結婚することについて嬉しいとしみじみと語った。

「わしは、ホッとしてるです。いい年をして、フラフラしてたこいつが、結婚だなんて。結婚もできんような大人は、一人前とは言えんですからね。子供が結婚するまでは、親は死んでも死にきれんですよ」

その夜、常子が仏壇に手を合わせていると君子が現れる。
常子は君子に自分も結婚してほしいかという質問をした。

すると君子は優しい表情を見せた。
「すてきな方と出会って、幸せに暮らしてほしいとは思ってるわ。でもね、それは、その方が安心だからという事じゃなくて。それが、私に想像できる限界だからかも。あなたを見ていると、幸せの形は、一つではないのかなと思うわ。結婚しなくても、あなたは十分に一人前です。それは確かよ(笑)」

- 夏に出版された“あなたの暮し”は平塚らいてうの記事が評判で秋に10万部を記録する売り上げとなっていた。

結婚式前日、花山が鞠子と常子、美子に3人の写真を撮るともちかける。
「三人そろってここで働くのは今日が最後だろ?」

3人は並ぶが、表情が固かったため、花山は水田に踊れと指示するのであった。

とと姉ちゃん第112話の感想

筧さん、なんか久しぶりと思ったら、最近テレビ出てないそうです。
理由はよくわからないそうで、干されたという噂も。

前知識もなく見ていたので(今日はオープニング早送り)、筧さんが出てくるのしらなかったので、こぴっと驚きました。
確認したら、先週末の予告で映ってた(笑)

おそらく、筧さん今週で終わりだと思うんだけど、あんな面白いキャラならずっと出てくれないかな~。

とと姉ちゃん第112話のイラスト

水田の両親(とと姉ちゃん112話)

筧さんの勢いある笑いに、つられて笑ってしまった・・・あれは、もう力技ですね。

とと姉ちゃん第112話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)
小橋 君子(木村多江)
小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

水田正平(伊藤淳史)

花山伊佐治(唐沢寿明)

平塚らいてう(真野響子)

水田国彦(筧利夫)
水田むめ(高橋ひとみ)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ