とと姉ちゃん,あらすじ第105話『料理学校と決別』

第18週「常子、ホットケーキをつくる」8月3日(水)放送

とと姉ちゃん第105話あらすじ・ネタバレ

夜、水田は常子に広告について進言した過去を謝罪する。
しかし常子は決断したのは自分と答えたうえで、鞠子との関係について質問した。
水田は正直に鞠子に告白した事、振られたことを打ち明ける。

翌朝、オフィスの机で常子は目を覚ました。
するとすでに鞠子と美子がオフィスに出社していた。
二人は帰ってこない常子を心配したと伝える。

そして美子は、料理(ポワソン・ア・ラ・アメリカン)を取り上げるかどうかは常子の判断に従うと伝えるのだった。

袴田料理学校を訪れた常子は、松平の妻が考案した料理は雑誌の理念と反するので掲載するわけにはいかないと伝える。
そして自分は袴田料理学校の広告の話がなくなる覚悟があるというと、それまで黙っていた袴田料理学校の校長・袴田辰紀がいら立ちをあらわにする。
「倒産間近の雑誌社が偉そうに…調べはついてる、我が校からの広告費がないと首が回らんのだろう?」
常子は、再度、自分の意思を伝えると袴田は激怒し、仕事の邪魔だと常子を部屋から追い出した。

常子はオフィスに戻ると、水田と岡緑に新しい就職先と谷の連絡先が書いてある紙を渡した。二人にこれ以上迷惑をかけられないというが、二人は最後まで手伝いたいと固持した。
そんな中、美子が広告を掲載しないなら花山伊佐次に手伝ってもらおうと意見するが、常子は『倒産間際の会社に戻ってもらうのは迷惑がかかる』と却下する。

美子は、谷の勤め先を訪ね、谷に花山の事を相談した。
そのまま谷は美子を連れ、花山の家を訪れる。

美子を見た花山はあからさまに不機嫌になる。
しかし、そんな花山に谷が声をかける。
「“あなたの暮し”が終わるかもしれません」

とと姉ちゃん第105話の感想

谷社長と美子のツーショット、ツイッターでも結構な話題になってますね~
制作の人たちが、このツーショットを強引にねじ込んだ感すらあります。
だって、普通に考えたら谷(ぐっさん)さんより、花山の後輩でもあるミッチーが妥当なんじゃないかしら(笑)
でも、とりあえず、今日のツーショットは終始ニヤニヤして観てました。
これって味の素CookDoの宣伝に結構なってると思います(笑)

とりあえず動画を久しぶりに見てみたくなったので
置いておきます。

うわぁ~、本当においしそうに食べるなぁ・・・

そういえば、常子の叔父・鉄郎も『やってみ?』とか味の素のCM出てたような(笑)

とと姉ちゃん第105話のイラスト

動揺する花山さん(とと姉ちゃん105話)

ちょっと勘違いする花山さん(笑)

とと姉ちゃん第105話の主な出演者

小橋 常子(高畑充希)

小橋 鞠子(相楽樹)
小橋 美子(杉咲花)

水田正平(伊藤淳史)

花山伊佐治(唐沢寿明)
花山三枝子(奥貫薫)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ