べっぴんさん第16話あらすじ『誰が買うねん』

第16話あらすじ10月20日(水)

麻田に店で小物を売ることを提案されたすみれは、家に戻り写真入れを作り始める。
しかし、販売してみたものの全く売れなかった。
麻田が連れてきた商店街の主婦たちも申し訳なさそうに何も買わず店をあとにする。

そこへジョンという通訳を生業にしている外国人が靴の修理にやってくる。
ジョンは、手芸品がすみれの生活のための売り物と知ると小さく『ノーチャンス』とつぶやいた。
しかし、妻へのプレゼントといって一つ購入していった。

一週間経過しても、すみれの手芸品は売れなかった。

ある日、明美が店を訪れる。
明美はすみれの手芸品を見て苛立つ。
「誰が買うねん、こないなもん。みんな、食べるのも困っとるのに生きていくだけで必死やのに…誰がこんなぜいたく品買うん?」

すみれは、明美に言われたことにショックを受け、次の日、麻田の店にいくことはなかった。家にいると潔と栄輔が食料品をもって家にやったくる。
すみれは、自分の考えが甘かったと潔に伝えた。

麻田の靴屋にはカバンなどの手芸品をならべるようになっていた。
そこへジョンが現れ、妻が喜んでいたとしらせてくる。

今度子供が生まれるジョンの妻のために
すみれは『おしめ』を持っていくことを提案、ジョンは買わせてほしいと快諾する。

すみれがジョンの家に行くと妻・エイミーがすみれを暖かく迎える。
しかし、すみれが用意してきた「おしめ」をみると
エイミーは激怒し、『日本に来るんじゃなかった!』とまくしたてる。

ジョンに帰るように促され、すみれは戸惑う。

べっぴんさん第16話の感想

マッサンで大活躍していたシャーロットさんが登場。
エリーとは違い、かなりイラついてるし、日本にきたことを後悔してる。
当たり前だけど、英語の発音が素敵(笑)

さて、手芸品を作って生活費にするぞって、意気込むも全く売れないすみれさん。
今のところ、ご都合主義ではない展開が本当に素晴らしいです。
今日も『あれ?日本のおむつと違うんじゃ…』って思った矢先のシャーロット、ブチ切れモード。こういう先回りというか、完全に制作側にしてやられてるというのが好きですねえ。

べっぴん絵第16話

べっぴさんの麻田さん

麻田さん、頑張れ(笑)

べっぴんさんの主な登場人物

坂東すみれ(芳根京子)

坂東五十八(生瀬勝久)

坂東はな / 語り(菅野美穂)

野上ゆり(蓮佛美沙子)

坂東紀夫(永山絢斗)

多田良子(百田夏菜子)
田坂君枝(土村芳)

井口忠一郎(曽我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)

小野マツ(中島ひろ子)
小野明美(坪内花菜)

野上正蔵(名倉潤)
野上潔(高良健吾)

麻田茂男(市村正親)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ