べっぴんさん第14話あらすじ『神戸に戻る』

べっぴんさん第3週「とにかく前に」10月18日(火)放送

第14話あらすじ

帰ってきた潔は坂東家の本家で食事をしていた。
ゆりは、涙ながらに大阪の空襲で義父・野上正蔵が亡くなったことを報告する。

潔は大阪に戻り、一旗揚げると宣言する。
すみれは、神戸に戻り、夫・紀夫の帰りを待つと伝える。
すみれには、女中の佐藤喜代もついていく。

坂東家の屋敷は、進駐軍が接収することになっていた。
すみれは貯金でバラック小屋を屋敷の跡地の端に新たに建て、そこで生活を始める。

大阪の闇市では潔とゆりが小屋を建て、商売をしながら暮らしていた。
新参者の潔に闇市の男たちは不満に思うが、闇市を仕切る根本という男に止められていた。

昭和21年(1946年)2月、突然、預金凍結のニュースが舞い込み、すみれと喜代は唖然とする。追い打ちをかけるように配給も手に入りにくくなる。

そんなある日、潔とゆりがやってくる。
二人は上着の下からパンや粉ミルクなどを出し、すみれに渡した。

すると、五十八と忠一郎もやってくる。
五十八は、家、会社、野上正蔵を失意から近江で暮らそうと考えていると打ち明ける。
「誰に負けたんやろな、わしは…何に負けたんやろな」

すると潔が『負けと決めるにはまだ早い』といい、坂東営業部を復活させると伝える。
「日本が負けたからいうて、お義父さんとおやじが負けた事にはならへんのや!」

一方、すみれは生活のために売れるものを探していた。
母のウエディングドレスや懐中時計をすみれは名残惜しそうに見ていた。

>思い出にさよならするのはつらいものです。
>そのふんぎりが、なかなかつけられないすみれです。

べっぴんさん第14話の感想

久しぶりの更新です。
というか、べっぴんさん、しばらく見ておりませんで、昨日の夜に3話一気にみたという感じで(笑)
視聴率が20%切ったとかニュースになってましたけど、依然といて私の中では面白さキープしてます。ただ展開が本当に早すぎて、残りの期間、間延びしないか心配です。

さて、ドラマはというと本家から半ば追い出されたすみれが大阪で喜代さんと子供と暮らすという展開。
あれですね、20歳そこらで、貯金で家を建て、子供と暮らす決断をするとは、すみれは相当、強いことがうかがえますね。

そんなセリフがないすみれさんとは逆に潔くんは、決め台詞を。
『とと姉ちゃん』とは違い、とにかく『べっぴんさん』のヒロインは控えめ。
おかげで、イラッて、ならないです(笑)

べっぴんさん第14話イラスト

あくまでもオブザーバーの立場を貫くヒロインが素敵です。

あくまでもオブザーバーの立場を貫くヒロインが素敵です。

べっぴんさんの主な登場人物

坂東すみれ(芳根京子)

坂東五十八(生瀬勝久)

坂東はな / 語り(菅野美穂)

野上ゆり(蓮佛美沙子)

坂東紀夫(永山絢斗)

多田良子(百田夏菜子)
田坂君枝(土村芳)

井口忠一郎(曽我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)

小野マツ(中島ひろ子)
小野明美(坪内花菜)

野上正蔵(名倉潤)
野上潔(高良健吾)

麻田茂男(市村正親)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ