『あまちゃん』第28回(5月2日放送)

第5週『おら、先輩が好きだ!』あらすじ(ネタバレ)

「この子、南部潜りに興味があるんです!ヘルメット潜水やってみたいんですって!」
ユイがアキの背中を押すとアキは首を縦に振った。
「いいよ(笑) 。体験実習用のセットがあるからついて来い」(・`∀-)

― アキは総重量70キロの潜水服を着せられる。
ユイとアキが心配そうにしていると同じく潜水服を着用した種石が笑った。
「心配すんな、体験実習は浅いプールで潜るから(笑)」
そしてアキは種市に従って潜水体験を開始した。
>種市先輩と目が合うだけでドキドキして胸が苦しくなります。
いきなり浮上したアキに磯野は驚き、慌ててアキをプールから引っぱり出した。
「おい!どうした!?どうした!?」(゚Д゚;)
「すいません、なんか胸が苦しくて…」(・∀・;)
「当たり前だ!空気抜いてねえべ!自分で空気抜かねーと!!」(`Д´)ノ
磯野に怒られるアキを見て種市は笑った。

― 潜水土木科の準備室で片付けをするアキと種市。
「珍しいな。女子で南部潜りさ興味持つなんて。海好きか?」
「はい!ばあちゃんがクラブの会長で海さ潜りたくて東京から転校して来たんです」
「じぇじぇ!東京から!?…えれーなまってんな」
「はい!海女のおばちゃん達とばっかり喋ってから」
「袖が浜はなまりキツいもんな」
「先輩は、なして潜ろうと思ったんですか?」
「自分は南部潜りの家系でじいちゃんまだ現役でまだ真冬でも潜ってんだ。親は大学さ行けって反対したけど自分は勉強好きでねえし、海で育ったからな」
「東京さ就職するんですか?」
「んだ。羽田新滑走路拡張工事やるんだ。潜水士が潜って石積み上んのさ。技術が進歩しても基礎工事は人間が潜ってやんねばなんねえ。そういう仕事に自分は誇りを感じてんだ」
「かっけえ!」
「かっけえか?」
「自分のことは“ずぶん”て言うんですね!?」
「・・・・・・・・」
「あ、すいません」
「自分(ずぶん)そろそろ帰る(笑) 。気をつけて帰れよ」

― アキは難しい顔をして駅の待ち合い室で待つユイに声をかけた。
「…どうしたの?怖い顔して」
「はぁ…これ、兄貴から渡せって頼まれた」
ユイはヒロシから預かったハートのシールが貼ってある封筒をアキに見せた。
「…なんで、そんなに端っこ持ってるの?」
「だって嫌じゃん…親友に兄貴からのラブレター渡すなんて…」(-’д-)
「ラブレター!?」(゚Д゚;)
「久しぶりにメールしてきたかと思ったら…あー嫌だ!行こ!」
ユイは手紙をゴミ箱に捨て、アキを連れ駅のホームへ向かった。
その様子を柱の影から見ていた駅副長の吉田はゴミ箱から手紙を拾った。
「読むよねー(笑) 」(´∀`)
しかし戻って来たユイに手紙をとられ睨まれてしまう。

― その夜、吉田はスナック梨明日で菅原と大吉にヒロシの手紙について報告した。
「中身は確認出来ませんでしたが足立の野郎、諦めてないですね」
「母親としては気が気じゃないでしょ?」
「まあね、でもあの子、いい子だからね~(笑) 」
菅原の質問に春子が答えると大吉と弥生は以前の春子が反対したことを指摘した。
「そんな事言ったっけ?だって反対する理由ないじゃん…あら、ちょっと思い出してきた。言ったね…でも、もう気が変わったのよ。最近アキ、変に人気が出て来ちゃったじゃない?」
「まあ、海女のアキちゃんといえば北鉄のユイちゃんと並んで観光の二枚看板だからな」
「だから勘違いしたり変な無視がつくくらいだったらさ」
「いやいや足立君も相当変な虫だよ」
「昨日、あんなに褒めてたじゃん(笑)」
春子の指摘に菅原はヒロシの父・功その場にいたからだと理由を話した。
「ろくなもんじゃねーべ!女子高生にラブレターなんて」
「あ!ラブレターで思い出しちゃった。…交換日記持って来たの(笑) 」
春子がノートを取り出したので菅原は慌てた。
菅原は取り返そうとするが大吉達は日記の中身を読み上げていった。

「菅原は足立君のこと、とやかく言う資格ねえってことがよくわかった。でも、この大事な時期にスキャンダルは困るんでねえか?」
「なにそれ?芸能人じゃあるまいし(笑)」
「いやネットユーザーにとってアキちゃんユイちゃんは芸能人と同じですよ?」
「できれば当分の間、恋愛の方は控えてもらって」
「足立君にはそれとなく注意しておくか…」

>恋をしてからアキは春子の部屋に入り浸ってました。
夜、春子が部屋に入るとアキが春子のベッドで寝ていた。
春子は交換日記を片付けようと引き出しを開けるとアキの潜水土木課への編入届けが目に入る。春子はすぐにアキを起こした。
「アキ!ちょっとこれどういうこと!?」
「あのね、普通科から潜水土木科に編入しようと思うの。潜水服来て、海に潜って…」
「南部潜りでしょ、それ!」
「知ってんだ?」
「当たり前でしょ!ママだって北高の卒業生なんだから!」
すると夏が横やりをいれた。
「卒業してねえべ?」
「お母さん黙っててくんない!…アキ、ホントわかんないんだけど何で潜水土木科?」
「潜りでえから。温水プールがあるから一年中潜れるんだって。夏場は海女やってそれ以外は南部潜りやりてえ…ていうかもう決めて来た。親御さんがOKなら明日からでも来いって」
「…ホントにやりたいの?南部もぐり」
>アキの決意の固さは目を見ればわかりました。
>それにしても海女の次は潜水士…全く目が離せない子です。

第28回『あまちゃん』の感想

昨日から出てるイケメン種市先輩。この種市先輩役の福士蒼太さんについてですが、のだめカンタービレ(黒木君)、純情きらり(松井達彦)の福士誠治さんと兄弟だと思ってました。
で、ネットで調べたらどうやら違うみたいです。ちなみに種市駅というのが岩手県にあるみたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ