第11回(10月12日放送)

第2週『ほんとうのかお』あらすじ(ネタバレ)

米田は満足そうに純が手にしていた退職願を見た。
「これくらいの常識はあるみたいだな」
するとそこへ、ゴルフバックを担いだホテルの社長・大崎がやってくる。
大崎は、先ほどまで粕谷の会社の社長と一緒にゴルフをしていたと伝えた。
「昨日の騒ぎの話をしたらさ、これからもうちのホテルを使うって約束をしてくれたから」
「え?…で、でも粕谷様が!」」
「あの人はね、自分の地位を利用して色んな所からマージンみたいなものを貰ったのがバレて懲戒免職になるみたいよ。てな訳だからこんな物は要らないよね?」
そう言って大崎は純が持っていた退職願の封筒を破いた。
「じゃあ、これからも頑張って社長!」
「ありがとうございました!」
純は大崎に深々と頭を下げて礼を言った。
>おじい、うちの社長、ホントは大物だったりして…な訳ないか。
純は女性とどこかへ行ってしまう大崎を見ながら思った。

>おじい、仕事の方はなんとかクビにならずにすんだけど
>あれからはいい事は全然なく、何かこういう感じあったな!高校のときに。
純は仕事では周りから『社長』と小ばかにされるように呼ばれ、千香達が自分を避けている事に気がついた。
純は高校の頃に手伝ったハンドボール部員からうっとうしがられた事や兄・正がクラスメイトと付き合ったせいで周囲から白い目で見られていた事を思い出した。

夕食を食べている時、純は弟の剛に今後どうするつもりかを尋ねてみた。
「剛、あんたこれからどうするの?」
「大丈夫、ちゃんと考えているから。あの家にいてお父ちゃんの言いなりになっているお母ちゃん見るのが辛いんだよ。宮古の海が汚されてる気がしてさ」
>アホはアホなりに心配してんだ家族の事。

休憩室にいた純は愛が廊下から自分を見ていたので声をかけた。
「…あのさあ、この前ごめんね」
「別に大丈夫です。ホテル辞めずにすんだんですね?」
「もしかしてあのとき、私の…そういう何か見えたりしたの?」
「まあ、少しブレてた程度ですけど。信じる信じないは自由ですから」

純は、ホテルのロビーに隠れながら愛に米田達を見てもらう。
「あの人(米田)はいじめられてる中学生みたいにおびえた見栄をぎらつかせながら首を360°廻しています。あの子(田辺千香)は、赤ん坊みたいにぎゃーぎゃー騒ぎながら手当たり次第周りの物を壊しています。(桐野)物凄い鎧を着けた武士みたいです。何か凄い傷だらけだし、でも結構あなたに似てるかも」
「似てないよ、でも何でそうなったの?生まれつき?」
「あ…いや、あるきっかけがあったていうか…」
そこへコンシェルジュの水野が純に話しかけてくる。
「狩野さん。よかったね。クビにならなくて。こっちは、すっぽかされてガッカリだけど」
水野は北見が泊まった日に水野から食事に誘われたことを思い出した。
「あ!すみません!」
「じゃあ、今日行ける?終わったら?」
「はい!…何か見えるの?」
純は、水野の顔をまじまじと見ている愛に気がつき、小声で尋ねた。
「この人は…僕の同級生です」
「ああ!待田愛…愛と書いて…なんだっけ?」
「“いとし”です」

その夜、三人はレストランで夕食を共にするが愛だけは気分が優れない様子でいた。
「…すいません、お手洗いに」
「また?さっきも行ったじゃん」
「人が多いから気持ち悪くなってしまって…」
愛が人とぶつかりながらトイレへ行く姿を見て水野は心配した。
「大丈夫かな?あいつ。高校の時もいつもああやってうつむいて歩いてた」
「…あいつ、どんな奴だったんですか?」
「たしか家は結構な金持ちで、両親は弁護士だったんじゃないかな。
…あと双子の弟がいて病気で亡くなったって」
その頃、洗面台の鏡を観ながら愛は嘔吐を繰り返していた。
『何でお前が生きてるんだよ。お前がしねばよかったんだ…』

帰り道、愛は水野に礼を言った。
「すいません、僕までご馳走になっちゃって」
「何、言ってんだよ。久しぶりに会えて嬉しかったし(笑)」
「じゃ、私はこれで」
純が水野と愛に伝えると水野は帰る方向が一緒だから送ると言い出す。
自分と違う方向へ歩き出す純に愛は声をかけた。
「…純さん。気をつけて」

家の近くまで帰ってきた純は自分の自宅を指差し水野に教えた。。
「あ!あそこです!うち!あの一番の上の灯りがついている所です」
「誰かいるの?」
「実は弟が居候してて、こいつがとんでもないアホで(笑)…今日はありがとうございました。おやすみなさい」
純が帰ろうとすると水野は純の腕を掴んで引き止めた。
「…君とつきあいたんだ。初めて会った時からそう思ってた」
「でも、あの…」
水野は純に唇を近づけた。
>わ!え?いきなりかよー!!

『純と愛』第11回の感想とレビュー

開始1分で大崎が解決するという予想外な展開でしたが、結構すんなり受け入れられました。今回の一件で粕谷の横暴な行動から身辺整理されたと勝手に頭の中で補完。
部下の不始末を解決する社長、素晴らしいです。
さて、愛の家庭環境や過去についても語られるようになり、明るくやんちゃな純と闇を抱えた愛と言う主人公が前に出てきましたね。
なんか朝ドラだけど朝ドラっぽくないので凄い新鮮に感じます。
ちょっと気になったのが水野(城田優)が『ミケ』に似てるとか言ってますが『何が?』と。もしかして、水野も何かしらの能力(SPEC)を持ってるとか…?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ