マッサン最終回のあらすじ~エリーからのラブレター

第25週『人生は冒険旅行-3月28日(土)放送-』あらすじ(ネタバレ)

>エリーの死後、マッサンは葬儀など一切を悟とエマに任せ、丸2日、エリーと共の過ごした部屋に閉じ籠って泣き続け、やがて涙が枯れても、その部屋から出てこようとしませんでした。
カーテンを閉め切った部屋で政春は呆然としていた。
部屋の床にはエリーの写真が散らばっていた。

「お父さん?」
娘のエマが政春の部屋にやってくる。
「いつまでここにいるつもり? 昼間なんだからカーテンぐらい開けなさいよ。今日は夕ご飯
みんなで一緒に食べよう」
エマは、カーテンを開けながら政春に話しかける。

ふと政春の目にエリーから最後に渡された封筒が目に入る。
『ラブレター。私が天国に行ってからね』
政春はエリーの言葉を思い出し、封をあけた。

『大好きなマッサン。

私と出会ってくれて、ありがとう。お嫁さんにしてれくて、ありがとう。
この美しい国、そして私の故郷になった日本に連れてきてくれて、ありがとう。
おかげで私は、とっても素敵なアドベンチャーができました。

だけど、アドベンチャーの終わりが近づいてきたようです。
最後に、感謝を込めてこの手紙を書き残します。

この手紙を読む頃、マッサンは、がっくりしているかもしれません。
だけど、いつまでも、ふさぎ込んでいたら、駄目。
人生はアドベンチャー。マッサンの冒険は、まだまだ続きます。

どうかいつまでも、今よりもっとおいしいウイスキーを目指してください。
そして、いつか、世界中の人を笑顔にするウイスキーを造って下さいね。
マッサンの夢はウイスキー。私の夢はマッサンでした。

初めて告白します。
私には、ウイスキーの味が、よく分かりません。
味が濃い薄い、焦げ臭いとか、スモーキーフレーバーとか、ほとんど、よく分からなかった。
ごめんね。

だけど、私にとってマッサンのウイスキーは、いつだって、一番おいしいウイスキーでした。

とにかく、まずは健康が大切。お肉を食べる時は必ず野菜も一緒に食べてください。
いくらお仕事でも、お酒を飲む時は、ちゃんと量考えて、ぼちぼち飲むようにしてください。

それと、これからは、私じゃない誰かが、マッサンの洗濯をすることになると思うから、脱ぐ時は、ちゃんと表に返して洗濯に出してくださいね』

「うん…」
エリーの手紙を読みながら政春は小さくうなづいた。

『最後に、もう一つ、お願い。

一日に一度夜寝る前に、私のことを、思い出してください。

そして、おやすみと言ってください。

そしたら、私もおやすみなさいと言って眠ります。

マッサンには見えないかもしれないけど、私はいつもマッサンのそばにいます。

だから、寂しがらないでね。ありがとう。


おおきに。あなたの愛しい妻、エリー』

政春はエリーが生前に手紙にふりかけていた香水を香りをかいだ。
そして、ウイスキーの蒸留室へ行くと、ひとりで火をくべ始めた。

― 十年後、1971年(昭和46年)
余市では盛大な式典が行われていた。
壇上では式典のために駆けつけた英国のジョーンズ駐日大使がスピーチしている。
「ベスト・スコッチ・スタイル・ウイスキー賞の受賞、おめでとうございます。亀山政春社長、この“スーパーエリー”は、あなたが愛したご婦人の名前から付けられたと聞きました。今から50年前、日本の青年が私の国スコットランドにやってきてウイスキー造りの秘密と一人の美しい女性を奪っていきました(笑)」

ジョーンズがスピーチをする中、白髪となった政春は小さい声で唄を歌っていた。
「♪Should auld acquaintance be forgot and never brought to mind?
Should auld acquaintance be forgot and days of auld lang syne?♪」

― 政春はエリーの墓前にグラスを二つ置き、ウイスキー“スーパーエリー”を注いだ。
「ありがとう。…ありがとうのう、エリー」
地面に座り、政春はウイスキーを口にした。

そして、エリーが首からさげていた“指ぬき”のネックレスを墓石のプレートにひっかけた。続いてプレートに6ペンスの銀貨をのせた。

その時、後ろからエリーの声が聞こえた。
『マッサン!』
政春は後ろを振り返ると、自分とエリーが生きてきた半生が蘇るのだった。

『マッサン』最終回(第150回)の感想とレビュー

今日も泣けました。
うまいこと第一話目にワープしてましたね。『花子とアン』のつくりに少し似てたけど、とにかくセリフが少ないのがよかったです。今日、政春は唄は歌っていたけど、「ありがとう」としか喋ってない(笑)。最終回、主人公のセリフが『ありがとう』のみって凄いw
あと、世界最高の賞を受賞したのに、あんまり嬉しそうじゃないというのも、切なかったです。まあ、だけど『世界中の人を笑顔にするウイスキーを造って下さいね』→世界最高の賞を3度も受賞。
もうこの箇所だけで3回泣けます…さて、来週からはまた新しいドラマが始まりますね。
全くどういうドラマかわかりませんが、なんか役者が個性派が揃っているみたいだし、ちょっと期待してます。来週からこのブログは『まれ』ブログになります。宜しかったら、また当ブログに遊びに来てください。では。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ