まれ第85話あらすじ~希と圭太、婚姻届を提出する

第15週『下剋上駄菓子ケーキ-7月6日(月)放送-』あらすじ(ネタバレ)

― 文の家に、みのりや洋一郎が集まり、圭太と希の結婚を祝った。
希と圭太は、みのり達がサプライズで用意していたウエディングケーキを見て驚いた。
「もしかして、これ、手作りけ?」
「下手くそやけど、いつも希ちゃん作ってくれるさけ」
「ありがとう!」
文が『初めての共同作業』といってナイフ(包丁)を渡し、圭太と希はケーキ入刀する。

一徹は結婚式、新婚旅行について2人に尋ねると圭太が『まだ先』と答えた。
「俺もこれから1年、お礼奉公やし、お互いもうちょっこし余裕出てからやな」
すると文と藍子が希に嬉しそうに声をかける。
「これからは、紺谷希ぞ!」
「ほうやね。紺谷希や。似合うとるわいね」
希はみのりが切り分けたケーキを口に運んだ。
「わあ~すげえ!うまーい!」

― 圭太、みのりと一徹は帰り、希は藍子と2人だけになった。
藍子はコーヒーを入れると豆を取り出すと挽く準備を始める中、希は部屋を見渡した。
「ここ…こんな広かったけえ・・・お母さん、さみしないがけ?
「全然、さみしないよ!この部屋におったら、まんで幸せな気持ちになるさけ。楽しかったねえ。4人してここに転がり込んで。いろ~んな事やあって。いっぺえ笑て。お母さんね…希のお母さんでよかった。一徹のお母さんで、徹さんの奥さんで、よかったわいね。生まれてきてくれて、ありがといぇ」
「うちこそ…お母さんの娘で、本当に…」
希は座り直し、深く頭を下げた。
「本当に、お世話になりました」
「おめでとう。希も『あ~楽しい!』っちゅう家庭をっちゃ、圭太君と築くねんよ」
「はい!」

― 圭太と希は圭太の父・博之に結婚を報告に市役所を訪れる。
苛立つ博之は希と圭太の周りを回りながら不満をあらわにする。
「だらなやつやな。こいつと結婚したらいつか絶対パティシエをっちゃ辞める事になるげぞ」
「ほんな事ねえわいね」
「弥太郎さんも『やってみれ』って言うてくれましたさけ」
「ほんな甘え男かいえ、あの人や。時期や来たら、またきっとうまい事丸め込むがに決まっとる。いいか。お前は絶対女将やらされて、この結婚をちゃ後悔するさけな」
すると掃除業者のキミ子が部屋に入ってきて『往生際や悪い!』と博之を一喝する。
「気持ちよう祝うてやれま。弥太郎やややこしい事言いだしたら、お前やかぼうてやりゃいいがいね。こんな事言いうとるけど、石川県中の結婚式場、値段調べて回っとるげぞ。
「何で知っとるがいね!」
希と圭太は結婚式は当分挙げない事を伝え、婚姻届けの証人になってほしいと頼む。

― 希と圭太は横浜を訪れ、徹に婚姻届を渡した。
「俺がサイン…して、いいの?」
「お母さんが、お父さんにしてもらえって言うたさけ」
希に説明された徹は動揺した。
「お父さん。希さんと、結婚さして下さい。・・・まだ正式に挨拶しとらんかったさけ」
「そうだよね…そうだよ。いや何かおかしいなと思ってたのよ。これ抜けてたもんえ。あっ、そう。藍子が。俺にちゃんと挨拶行けって言ってくれたの」
しかし徹は証人欄にサインをしようとするが書くことができなかった。
「あれ?手が動かない。あれ?気持ちじゃ許してるんだけどさ、体が…。悪いけど…何か、くれる?もっと俺の体が納得できるような事、何か言ってくれる?」
「絶対に苦労させません。いぃつも笑顔にしますさけ…!」
「ごめん、それ、俺が藍子に言ったやつだから」
「希やおらん人生なんか考えられん!」
「俺だって考えられないよ!」

― なんとか徹のサインを貰い、二人は区役所に婚姻届を提出。
圭太は輪子の中華料理店の前で結婚指輪を取り出す。
「こんで、夫婦やな。あっ、そうや。・・・安もんやけど」
希の指に指輪をはめようとすると大輔が現れ指輪を希の指にはめた。
「幸せになろうね(笑)」
「何するげ!」
「はい! じゃあ中でお祝いしよう」
店に入ると2人は弥生のモノマネに唖然とする。
「え~希さん、そして圭太さん。この度は、ご結婚本当におめでとうございます」
「弥生さん、酔っぱらうとモノマネしちゃう人だったの(笑)」←美南
>さて、こうしていよいよ紺谷希、新しい生活の始まりでございます。

次の日、大悟が希に声をかける。
「津村」
「あっ、こ…紺谷です(照)」
「どっちでもいい。来い。オリジナルケーキのオーダー入ったぞ」
大悟と一緒に外に行き榊原という男性の話をきくことに。
榊原は離婚されそうなので妻の誕生日にケーキを用意したいということだった。
大悟は榊原の妻へのケーキを次々に絵を描いて提案していく。
>いつかは大悟に追いつきたい。希にとって大悟は、大きな大きな目標でした。

閉店後、希は“レ・キャトル・サン・クー”の売上げが一番だと美南に報告した。
>この時の希はまだ知らなかったのです。これから希をどんな騒ぎが待ち受けているのか。

『まれ』第85話の感想とレビュー

どうやら大輔にチャンスないですね・・・。
さて、ドラマの中では、どのくらい時間が経過しているのかサッパリですが、圭太の父親・紺谷博之が希と圭太の周りを周回するシーンとかなんか懐かしい感じが良かったです。
それにしても、なんだか急にテンポがあがりましたね。最初、横浜に行く時は感動的な藍子との別れのシーンがありましたが、今日は瞬間移動。お金が入るようになって移動も楽になったということですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ