まれ第72話あらすじ~それぞれの約束の夏

第12週『官能カスタードクリーム-6月20日(土)放送-』あらすじ(ネタバレ)

希がつくったケーキが半額でショーケースに並ぶと客(節子)達が美南に質問する。
「あら? これ、何で半額なの?」
「新人パティシエが作ったんです。見た目は悪いですけど、おいしいですよ。よかったらどうぞ」
二人の女性客はシェフ(大悟)のケーキが食べたいと遠慮をするが、節子は希のケーキを買うことを決める。
「そうね、買ってみましょうかね。2つ頂戴(笑)」
ショーケースの裏に隠れていた希は飛び出して節子に礼を言った。
「ありがとうございます!」
「あなたが作ったの? まあ!楽しみにして食べるわね(笑)」

― 昼休み、希は大悟にケーキの名前の由来を尋ねた。
「なして”ジュテーム・モワ・ノン・プリュ”っていう名前をっちゃ付けたんですか?シェフは、どういう解釈で大人の男女の愛をケーキにしたんですか?」
「見りゃ分かるだろ。・・・網タイツだ」
大悟の回答をきいた希は肩をおとした。
「あんなに悩んだがに、網タイツ…」

希は養鶏所の浜田のところへ行き、自分が作った“ジュテーム・モワ・ノン・プリュ”を食べさせた。
「うまい!」
「・・・失敗して卵、だいぶ無駄にしてしもたんですけど・・・」
「無駄なんかじゃないですよ、こんな美味しいものを作っていただいたんだからね」
「よかった。わぁ~うれしい(笑)」

― 希のことを大輔の彼女と勘違いしていた浜田は希が始めてきた日の話をする。
「実はよ…言うなとは言われてたんだけどよ。あんたがな、ここに来た日さ、来る前にいろいろ話をしてやってくれって電話があったんだよ、大輔から。煮詰まってるみたいだからさ、いい空気吸わせて、大悟さんの話でもしてやってくれってな。あんたがすっきりした顔して帰ってったらよ、大輔喜んでたぞ。のんきそうに見えてさ、あいつよ、繊細なやつでよ(笑)」

― 雨が降る日、希は大輔を呼び出した。
「お…お呼び立てして、申し訳ありません」
「いいけど、何で敬語なの?」
「本日は…せんだってより、お申し出頂いております、件につきまして、お返事をと、思いまして…私の右脳が、動いた気が致します」
「えっ?」
「バレンタインデーの翌日、厨房でのあなた様の『おはよう』と高級フレンチでの、か…『かわいいね』が頭から離れません。うち…」
その時、しどろもどろで話す希を大輔が抱きしめる。
「・・・ゆっくりでいいよ」
「うん」
「どうせ俺、夏までいないから」
「・・・ん?」
希は大輔から離れると大輔は事情を打ち明ける。。
「パプアニューギニアっていうところで日本人相手の民宿があるんだけどね。手伝ってくれって頼まれちゃって帰ってきたら、返事聞かせて」
「とことん、自由な人生やね(笑)」
「一緒に来る?」
「待っとるわ。夏まで」

>そして、それぞれの約束の夏。能登では、希たちの成人式を迎えました。
希は、能登の成人式に参加する。
その夜、春の家で宴会をおこなわれ、その途中、希は縁側でひとりでいる圭太に声をかけた。
「なしたんけ?1人で」
「・・・別に」
「あ、一子おらんでさびしいがけ(笑)」
すると圭太は自分と付き合う気が無いなら帰ってくるなと一子に言ったと打ち明けた。
「都会に浮かれとる一子をちゃ許されんかってん。お前はなして横浜で浮かれとらんがけ」
「・・・うちも、浮かれとってん。いろいろ受け入れて、やっと落ち着いてんよ(笑)」
「俺は、落ち着くまで待ってやられんかった。分かっとったがに。俺や正しいみたいな言い
方して、あいつをちゃ責めて。本当は、ただや~やってんな。都会に出て、村も、俺も忘
れたって言われて。腹や立って追い詰めてしもた。ちいせえ男やわいえ、俺は」
圭太の話をきいていた希は持っていたグラスを一気に飲んだ。
「なしてお前が飲むがけ(笑)」
「人様の恋愛にアドバイスできる器じゃないさけ。せめて…つきおうわいね!」
>なして、飲むのか。なして、切ないのか。分からないままに、希は、ただ笑って、
二十歳の夜を過ごしました。

翌朝、雑魚寝をしていた希が目をさますと目の前で寝ていた圭太と目があった。
「・・・おはよう」
その瞬間、希は激しく動揺してしまう。
>皆様…希のジュテーム・モワ・ノン・プリュはこれからが本番でございます。

『まれ』第72の感想とレビュー

大輔に告白するシーン、ちょっと笑えました。あの緊張すると妙な敬語、結構ツボです(笑)まさか大輔がパプアニューギニア行くとは思わなかったけど、もっと驚いたのは、『夏までいない』→数秒後、夏(笑)。どんな展開だ。
大輔を待つ2ヶ月も結構なドラマがありそうだけど・・・華麗にスルーです。空港シーンとかなくて残念(成人式より気になりましたが)。あとホームビデオカメラを使った映像、確かに「若者が盛り上がってます!」感は出ているんですが、ちょっと連続でやられると辛いです。
もっと主人公がケーキの技術を磨く話とか観たいのに・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ