まれ第60話あらすじ~大悟と西園寺の料理対決

第10週『逆転一発パンケーキ-6月6日(土)放送-』あらすじ(ネタバレ)

番組のオープニングが始まり、貴族のような衣装を着た男(主催者)が登場する。
「私の記憶が確かならば、その食材は酸味、香味、薬味、その全てを兼ね備えた味覚の魔女。その名は…ゆず!さあ!いでよ、巨人たち!」
主催者がコールすると二つのゲートから西園寺と大悟がはいってくる。
「スイーツの頂点に立つのか?若きスターシェフ、西園寺一真!対する巨人は、潰れかけの店の復活をかけ勝負に挑む巨匠、池畑大悟!」
主催者のコメントに徹は困惑する。
「えらい言われようだな…」
司会者の福澤朗アナウンサーが登場し、カメラに向かって叫んだ。
「燃えていけ、ファイヤー!」

料理対決が始まり、西園寺は代名詞である秘技・スカイパウダー(高いところからゆずを摩り下ろす)を見せる。
一方の大悟は計量を手づかみでおこない時間の短縮をねらう。

制限時間10分以上をのこし5品を完成させるが、大悟は手を止めずに6品目にとりかかる。
「お~っと!ここで予定にない一品を作り始めたようですよ!制限時間に間に合わなければその時点で負けです!」
司会者の解説を聞いた徹は観客席で輪子に質問した。
「おい!おたくの旦那、何してんだよ?」

すると大悟は観客席で応援している希に指示を出した。
「津村、来い!砂糖だ。来い!早くしろ!走れ!」
「…はい!」
希は客席を飛び出し、髪を結わいてキッチンに向かう。
「メレンゲを作れ。メレンゲだ。早くしろ」
「はい!」

希はメレンゲをつくるがそのたびに『やり直せ』と大悟に言われる。
「泡立て過ぎるからボソボソになる。手に粘りつくような感触があったら泡立て器ですくえ。艶があってツノが立ってボールを傾けても滑り落ちなければ完成だ。あとは1000回練習」
「1000回って…今け!?」

何度もメレンゲを作る希は自分が作ったメレンゲが完成したことがわかった。
「…出来ました!」
大悟は希がつくったメレンゲを凝視した。
「よし。合格だ」
汗だくの希は大悟の言葉を聞いて、おもわず座り込んでしまう。
大悟はギリギリで最後の一品、メレンゲ入りパンケーキを完成させ、制限時間を迎える。

―審査委員の試食を終え、結果発表へとうつる。
「こよい私は、魂と魂がぶつかり合う音を確かに聞いた。スイーツ界の頂点に上るのは、西園寺一真か?池畑大悟か?たとえどちらが勝者でも私は2人を称えたい。…勝者…!池畑大悟!」
大悟の名前が呼ばれると会場から拍手と歓声がわきおこった。
能登でテレビ観戦していた藍子たちも総立ちで喜んだ。
敗れた西園寺は笑顔で大悟に声をかけた。
「完敗です。さすが僕が憧れた、スーパーパティシエだ(笑)」
「ありがとう」

番組終了間際、大悟は何かを言おうとするが番組は終了してしまう。
収録を終えスタッフが引き上げる中、大悟は観客席にいる妻・輪子にマイクで語りかける。
「俺は昔、心から愛した妻を亡くした。今の店は、その妻と一緒に作った。世界一のフランス菓子を売る店にしようと、夢を語った。妻を亡くして、俺は菓子を作るのをやめた」
「全部知ってるわよ。何が言いたいのよ?」
その時、スタッフが片付けようとしたパンケーキを希はうけとった。
「シェフ、これですよね?これに何か、意味あるんですよね!?」
「俺にもう一度菓子を作らせたのは…今の家族だ。今の家族が俺を支えてる。お前たちのために俺は今、菓子を作ってる。なのにいつのまにか守りに入ろうとしてた。覚えてないだろうが、このパンケーキは…」
すると美南が観客席から降りてくる。
「覚えてるよ!私と、お母さんに初めて作ってくれたお菓子だよ。まだ小さかった私に手伝わせてくれたよね。すっごくおいしかったの覚えてるよ!」
「そうか(笑)。…思い起こせばあれは46の春…」
「まだ続くの、ねえ!?」←徹

― 輪子の中華店で大悟の勝利をスタッフが喜ぶ中、大輔が夜釣りから帰ってくる。
「テレビ見なかった?大悟さん、勝ったよ!」
珍が興奮して大輔に報告するが大輔は気にも留めなかった。
「興味ないし。珍さん、激辛マーボナスくれる?あとビール(笑)」
>この日を境に、希は、大悟のもとでの修業を許されました。
>希のケーキ修業は、本番でございます。

『まれ』第60回の感想とレビュー

どうやら希の祖母と大悟は何の関係もなさそうですね(笑)
それにしても、NHKが民放番組をここまでパロっちゃうのは珍しい。もうセリフとか料理の鉄人のまんまだし、服部先生いるし…ここまで徹底するんだったら主催は鹿賀丈史さんにして欲しかったですね。
とりあえず希は生放送中にメレンゲの手ほどきを受け、ようやくパティシエの卵に。
来週からいよいよ修行が始まる…と思いきや、なんかそうでもなさそう…

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ