まれ第44話あらすじ~クリスマスケーキのルセットが・・・

第8週『危機的クリスマスケーキ-5月19日(火)放送-』あらすじ(ネタバレ)

>販売や掃除、洗い物は、ケーキ作りへの、修業の第一歩。
>そう思えるようになった希は、ひたすら仕事をこなしております。

ある日、大悟が陶子や希たちスタッフ全員に販売予定のクリスマスケーキを披露する。
そして大悟はケーキのルセット(レシピ)の説明を始めた。
「希少価値のあるマダガスカル産クリオロ種のカカオ分68%のショコラをふんだんに使用
し、パータボンブと合わせた、口溶けのよいムースの中に・・・・」
希は大悟が説明するルセットを必死にノートに書き写した。
そして、移動中や仕事前にも大悟の説明したルセットを覚えるために口ずむのだった。

希が開店準備をしていると美南が声をかけてくる。
「希さん、ケーキの名前覚えた?」
「なんもまだ。どうやって作るがかも見当もつかん」
その時、ケーキをショーケースに運ぶ浅井に希は質問した。
「浅井さんは、どうやってケーキの練習しとるんですか?」
「そりゃあまあ、ひたすら練習ですけどね。あっ、他にこういうの。ちょっと待って下さいね。よそのケーキを食べ歩いて、材料を分析するんです。勉強になりますよ」
浅井が持ってきたノートには他店のケーキの写真のほかに大悟のケーキも載っていた。
「シェフのケーキはアイデアに宝庫ですからね。特に今年のクリスマスケーキなんて凄いですよ。改めて、材料を分析すると」
「はあ~地道にコツコツですね」
感心する希とは逆に美南は首をかしげる。
「なのにどうして上手にならないんだろう?前のお店で6年修業してクビになって、うちも長いけど、スーシェフ(シェフの次の位のシェフ)にもなってないし」
「あの…本人の前で噂話やめてもらえます?」

― 希が自分の部屋に戻ると大輔が声をかけてくる。
「おっ、お帰り。あれ? まだ何か怒ってんの?なかった事になったんじゃなかったっけ?」
大輔がノックして部屋のドアをあけるとブザーが鳴り、希は大輔に催涙スプレーを噴射する。「うわ~っ!」
「一子、みのり、洋一郎…防犯グッズ、役に立っとるよ」

圭太とキスをした一子が浮かれる中、徹は浩一や真人たちとドラマを見て現実逃避していた。浩一達が希のキスの話をすると徹は激怒する。
「うるさいな!人がせっかく忘れようとしているのに!けしからん!」
徹はドラマのキスシーンが映っていたテレビを消すと浩一の隣に座った。
「他人事みたいに言ってるけどね、浩一君。君のとこの一子ちゃんだって圭太と付き合ってんでしょ?キスしまくってんじゃないの?」
「う~!ほれを言うなま!!」
真人は他の事で気分転換すればいいと言うが徹はそんなものはないと即答する。
すると酔った慎一郎が徹の夢(貝殻ビジネスやレストラン)があると言い出す。
「希ちゃんのキスを忘れるまでちょこ~し目そらしとくだけの話やがいえ」
その夜、家に帰った徹はしまってあった箱からフレンチレストランの企画書を取り出した。
「…考えるだけ。考えるだけ」

>さて、マ・シェリ・シュシュではいよいよ、クリスマスケーキの予約開始です。
店には長打の列ができ、希がケーキの渡しそびれをしてしまった節子も並んでいた。
「この間はケーキをお渡しし忘れてしまって、本当にすいませんでした」
「届けてくださって助かったわ。うちは家族中ここのケーキの大ファンなの。孫がね、学校へ行く前に『今日のおやつはあそこのケーキね』なんて言うの。息子も男のくせに甘いものが大好きで。クリスマスケーキも楽しみにしてるわね(笑)」
「はい!ありがとうございました!」
節子が店を出ると美南が節子は店の常連だと説明した。

一人の女性客が他の店のチラシをみせてくる。
「似てるわね、この店のと…ほら」
希が見ると他の店のケーキと大悟のケーキは確かに似ていた。
そのことは早速厨房で問題になる。
「駅の近くのミニョン・ミニョンという店です。最近開店したんですが、客がつかなくて
苦戦してるって噂は聞いてました。ルセットを盗まれたとしか思えません!」
陶子が話すと大悟は店を閉めると言い出す。
「ベストな食材を使ったベストなルセットだ。代わりは作れん。クリスマスの予約は全部キャンセル。店も閉めろ」

― 中華屋に戻り、まかないを食べていた陶子が希を疑った。
「津村さん、軽い気持ちでお客さんに喋ったりしたんじゃないでしょうね?」
「津村さんの事疑ってるんですか?」
浅井たちは陶子を止めようとするが、陶子はひかなかった。
「だってこの人、ずっとブツブツルセット唱えてたじゃないの!誰かに聞かれたんじゃないの?」
「お客さんの前では言ってません!」
「ルセットを知ってたのは、シェフとこの4人だけなのよ。あなたが来る前はこんなこと1度もなかったし。ごちそうさま」
陶子は希を睨んでその場をあとにした。

『まれ』第44回の感想とレビュー

ケーキ業界って、全く知識ないから専門用語とか他店のケーキの材料分析とかの話はすごい新鮮です。クリスマスケーキって毎年ホールとか買わないで小さいのを買っていたのですが、あんなに高いもの?4800円って結構なお値段なんですが…。
近所に結構美味しいケーキ屋があるので今年は頑張ってクリスマスケーキを注文してみようかな。でも4800円だったら、年末だし、ちょっと辛いかも…。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ