まれ第134話あらすじ~希、夢がないという匠を心配する

第23週『いっぱい失敗タルトタタン-9月1日(火)放送-』あらすじ(ネタバレ)

希は匠のノートに何も書いてないことにショックを受ける。
「…何で何も書いとらんが?」
「ないさけ」
「ないがけ?夢」

元治が子供たちに絵本(アマメハギ)を読み聞かせている間、希はみのりや一徹に匠の夢のことを相談していた。
「どうねんろ、これ」
「姉ちゃんなんか夢がねえどころか夢嫌いやったがいね」
「私は理由やあったさけ」

文に小さい頃の夢を尋ねると文はフランス人になるのが夢だったと答えた。
「将来の夢ねんさけ、職業じゃなくてもいいげんろ。宇宙旅行とか、ライオンと暮らすとか。ほんな事ばあかし考えとったわいね。匠も夢とかやりたい事はねえでも楽しいって思える事やあったらほれでいいわいね」

― 布団で眠っている歩実と匠の耳元で圭太が小さい声でささやいていた。
「輪島塗は、まんで楽しいぞ。何回も何回も漆をちゃ重ねるがや、とにかく楽しいげん。楽しい。楽しい。漆は楽しい。輪島塗は楽しい。とにかく楽しい…」
圭太の行動に気づいた希は圭太を止めた。
「ちょ…何してるがいね! 起きてしもうやろ!」
「いや、歩実と匠の深層心理に漆の楽しさを…」
「洗脳してどうするがいね。行くよ」

― 翌日、はるの店。
徹志が髪を切る横で浩一や真人たちは匠の夢について話していた。
「俺や言いたいがは、匠が郵便局員になったり、漁師になったり、美容院継いだりする可能性もあるっちゅう話やわいえ!」
「あ~ほういう事け! なるほど、ほりゃ可能性あるな」
真人たちの会話を聞いていた徹志が声をかける。
「じいちゃん。子供の夢っちゃ大人のためにあるがじゃないげんよ。気ぃ付けてや」
「…すいません」

― 夜、文は子供たちに徹の紙芝居を読み聞かせていた。
「自分の過ちを償うために家を出て行方不明になってしまったのです…ところが昨日徹から電話があったのです」
文が付け足した箇所に子供たちは驚く。
「えぇ~!!!」
「よいこの諸君。僕は今とても元気に暮らしています。夢は必ず、かなうとは限らんけど、怖いものじゃありません。取扱いに注意して夢を見るのもいいでしょう。終わり」
徹が元気だと知り安堵した子供たちは帰ってこない理由を文に尋ねる。
文は大人の事情だと答えた。

― 翌日、希はホームページの家族写真を見たとき、ふと藍子が徹のために書いていた日記と同じで一徹が撮っている写真も徹のためだと気づく。
「もしかして、これも…お父さんのためけ…」

その時、店の戸が開いて沙耶が入ってくる。
希は沙耶が小遣いがないと勘違いし、ケーキをサービスしようとする。
「いぃつも来てくれとるさけ、お礼に(笑)」
「あの…バイトさしてもらえませんか」
「あっ! 募集見てくれたんけ?」
「ケーキ作らしてもらえませんか!ここで修業さして下さい!うちパティシエになりたいんです!」

『まれ』第134話の感想とレビュー

昨日、匠が福くんに似てると書きましたが、どっちかっつーと佐藤二朗さん似ですね。一度そう思うと気になって仕方ないです。店の厨房で子供にケーキを作らせるのは客からしたらどうなんでしょうね…微笑ましい姿ではありますが、『まさかそれを店に置いてる?』と心配するかも(笑)。店の外から中が丸見えというのが問題なだけかもしれませんが。
…さて、気がつけば“まれ”も最終回まであと2週ちょっとですね。徹も気になりますが、一子と洋一郎が何の進展もないところをみるとこちらも解決するのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ