『花子とアン』あらすじ第136回

>蓮子と決別したまま、花子はラジオのおばさんを続けておりました。
1939年(昭和14年)初夏
『まず初めのお話は元気なお年寄りのお話です。今年84歳におなりのおばあさんが大阪から飛行機に乗って東京においでになりました。“飛行機は怖い”というような臆病な事は言わないで“東京見物には飛行機で行きましょう”と息子さんにすすめ…』

ラジオ局の廊下を漆原と歩いていた宇田川満代は、花子のラジオを耳にする。
「相変わらず生ぬるいわね。大陸の戦場では日本兵が命懸けで戦ってるっていうのに。おばあさんが飛行機に乗った話なんかどうでもいいじゃないの」
「全く同感です。村岡先生は戦争の話を殊更避けるので我々としても困ってるんですよ」
漆原が宇田川に賛同した。
「まあ“みみずの女王”らしいっちゃらしいけど」
「みみずの女王?」
「…いえ、何でもありません。参りましょう」
宇田川はそういうと再び歩き始めた。

― 収録を終えた花子の耳に宇田川のラジオ放送が聞こえてくる。
『私はペン部隊の一員として我が皇軍将兵の勇戦敢闘ぶりをこの目でしかと見てまいりました。私は心の中で叫びました。“遠き故国日本の母よ!姉よ!はたまた恋人よ、あなた方の慈しんだ人たちは今、破竹の勢いで猛進撃を続けております!これをあなた方がご覧になれば、きっと涙にむせびつつ同時に誇らしく…』
「宇田川先生…」
花子はラジオ放送で喋っている人物が宇田川だと気付き驚いた。

― 放送を終えた宇田川を漆原は絶賛で出迎える。
「宇田川先生!本日は誠に素晴らしい講演をありがとうございました。戦地での日本軍将兵の活躍が目に浮かぶようでしたよ。興奮しました!」
その時、宇田川の目に花子の姿が映った。
「宇田川先生。日本にご帰国なされてたんですね。ご無事で何よりです」
「無事に決まってるでしょう。兵隊さんが命を張って私を守ってくれたんですもの。ちょうどいいわ。これから私の帰国を祝う会があるの。あなたも来るでしょ?」
「え?」

― 宇田川の祝賀会は、花子の妹・かよの店で行われる。
宇田川の帰国を祝いに長谷部や醍醐亜矢子、黒沢なども参加していた。
「実際に戦場に立つと、やっぱり違うんでしょうね!」
亜矢子が目を輝かせながら宇田川の話をきいていた。
「当然でしょう?着いたそばから砲撃の爆風でぶっ飛ばされかけたわ。そのうち、どこでも原稿が書けるようになったわ。戦闘地帯の真っ只中で書いた事もあるわね(笑)」
宇田川の武勇伝に長谷部は満足そうに笑みを浮かべていた。
「宇田川先生を推薦してよかったわ(笑)」
宇田川の話を聞いた亜矢子は、ペン部隊への気持ちを膨らませた。
「やっぱり、ご自身の目で実際に見た方の言葉は説得力が違うわね!ますます戦地へ行って自分の目で確かめたくなったわ!」
「お嬢様のあなたに耐えられるかしら?実際の戦地は、内地で聞いて想像するのとは悲惨さが全く違うわよ。例えば匂い。爆薬や硝煙の匂い。それから…人の命が燃え尽きる匂い。あの匂いには最後まで慣れなかったわね」

すると黒沢が蓮子の姿が見えないことに気がついた。
「ところで、蓮子さんは今日はいらっしゃらないんですか?」
「お誘いはしたんですけれど…」
亜矢子が残念そうに応えようとすると、横から長谷部が口を挟んだ。
「仕方ないでしょう。あの方は、私達とは違うお考えをお持ちのようだから」

花子は亜矢子に蓮子との連絡をとってないと伝えるとかよが心配そうに声をかけてきた。
「お姉やん。手紙くらい書いたらいいのに…」
「いいのよ」

― ある日、梶原が花子を訪ねてやってくる。
梶原は翻訳物の出版をしばらく間とりやめになったことを花子に伝えた。
「童話も近々やめざるをえないかもしれない。最近は戦争漫画や戦記物、それに実用書ばかりが売れていてね」
「夢のある物語は贅沢品なんでしょうか」
「これからますます世の中に夢を送り出す商売は成り立たなくなっていくのかもしれないね」

― 蓮子の娘・富士子は家に帰るなり泣き出したので蓮子たちは心配する。
「どうしたの?何があったの!?」
「お母様…お父様は悪い事してないわよね?国賊なんかじゃないわよね?お父様が憲兵さんに連れていかれたのは国賊だからだ。銃殺になれって。石を投げられたの…」
>憲兵隊で取り調べを受けた龍一は釈放されましたが世間からは白い目で見られたままでした。
「富士子、お父様はお国を平和にする為に働いているのよ。悪い事してる訳じゃないわ。お父様がなさっている事は勇気のある行動なのよ。だから、もう泣かないで」
蓮子が娘を慰めていると、龍一が帰宅する。
すると純平が龍一の目の前に立った。
「お父様。富士子に謝って下さい!お父様のせいで富士子が苛められているんです!富士子だけじゃない。お母様やおばあ様だって、お父様のせいで近所の人達から悪く言われているんです!お母様とおばあ様にも謝って下さい」
「俺は間違った事を言っているつもりも、しているつもりもない!一日も早く戦争は終わらせるべきだ。それがお前たちのためでもあるんだ!」
「僕たちのため?…僕の将来の夢は、あなたのせいで断たれたんです!」
「やめなさい!純平!」
蓮子がとめるが、純平は大きな声を出した。
「この人のせいで僕は士官学校の受験を諦めざるをえなかったんだ!あなたが日本を裏切って、敵と妙な取り引きを企てたりするから!」
「人を殺すために…戦地で無駄死にさせるために、お前を育ててきた訳じゃない!」
「お国のために命を捧げる事は無駄なんかじゃありません!」
龍一が純平の胸ぐらをつかんだので蓮子は慌てて二人をとめた。

― 蓮子が夕食の準備をしていると浪子が謝ってくる。
「蓮子さん、申し訳ないね…。私には、龍一の考えてる事がさっぱり分からない。あんな息子に尽くしてくれて、ありがとね。あんたがこの家に来たばかりの頃は、とても長続きなんかしないだろうって思ってたけど、あんな息子を支えてよく働いて、ちゃんと孫を立派に育ててくれて…あなたは良い嫁だよ。龍一の事を…見捨てないでやって下さいね。お願いします」
「お義母様。ええ…」
蓮子は浪子の手を握った。

― 第二次世界大戦が始まっていた1939年秋、スコットが花子を訪ねてくる。
「私もいよいよカナダへ帰ることになりました」
「そうですか。寂しくなります」
「日本を離れる前に、あなたに渡したい本があります」
スコットは、そう言うと一冊の本を花子に渡した。
「…“ANNE of GREEN GABLES”」
>花子はついに、あの本に出会いました。

花子とアン第136回の感想

ついにというか、ようやく“赤毛のアン”が出てきましたね。いや~長かった。
それにしても、このドラマは蓮子にスポットが当たると、本当にどっちが主人公かわからなくなってしまいます。蓮子エピソードは、もういいんじゃないでしょうか?なんというか、龍一のキャラがもうわけわかんないです。
純平『父親のせいで迷惑しているから謝って欲しい』に対し『悪いことをしてないから謝らない』・・・え?そうなん?悪い事をしてなくても家族に迷惑かけてるんだから謝ろうよ(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ