『花子とアン』あらすじ第130回

― 1988年(昭和13年)夏、ももが生まれて5年が経過していた。
>ももの献身的な看病のおかげで旭は元気になり英治の頼もしい片腕として働いています
>ももと旭の間にはもう一人女の子が生まれました。
>花子達が長らく預かっていた美里はももと旭のたっての願いで村岡家の養女になりました

美里はラジオ局に出かける花子を見送った。
「お母ちゃま、いってらっしゃい!」
「美里、もも叔母ちゃまの言う事聞いていい子にしてるのよ?」
「はい!夕方ラジオ聞くからね(笑)」

― ラジオ局に到着した花子が原稿を選んでいると漆原が現れ渋い顔をした。
「今日の記事はまだ決まらないんですか?」
「すいません。…動物の記事はありませんか?動物園から珍獣が逃げ出して大騒ぎとか、以前はそういうニュースが沢山あったじゃないですか?」
「村岡先生、この時局下において珍獣がどうのこうのって事はどうでもいいんです!」
>前年日中戦争が勃発し、この春には国家総動員法ができ、国民は総力を挙げて軍事体制への協力が求められていました。“コドモ新聞”のニュースも、軍事に関するものが大半を占めるようになりました。

美里は英治たちとラジオの前で花子のラジオが始まるのを楽しみに待っていた。
「今日ね、お母ちゃまにお願いしたの!美里が好きな動物のお話をしてって(笑)」
「へえ~(笑)」
ほどなくして花子のラジオのコーナーが聞こえてくる。
「全国のお小さい方々、ごきげんよう。“コドモ新聞”のお時間です。はるか太平洋の向こう、カナダのバンクーバーという港に住む日本人は青年会を作っています。その中の少年たち30人はクリスマスやお正月のお小遣いを倹約して貯金をしていました。それが25円53銭になりましたので陸軍省宛てに送ってきました。『このお金で軍馬や軍用犬や軍用鳩の為、何かごちそうをしてあげて下さい』と…」

花子のラジオのコーナーが終わると、美里はキョトンとしていた。
「…動物のお話は?」
「う~ん…軍馬、軍用犬、軍用鳩って、お母ちゃま言ってただろ?あれは兵隊さん達のお手伝いをする、お馬や犬や鳩の事だよ」
英治が強引な説明するが美里はいまいちピーンとこなかった。
すると横にいた旭とももが口を開く。
「まあ、動物の話には違いないんですけどね(汗)」
「美里ちゃんにはちょっと難しかったかな?」

― その頃、蓮子の娘・富士子は花子が話したエピソードに感心していた。
「カナダの少年たちは偉いわね。お小遣いをためて陸軍省に送るなんて」
しかし、すぐに兄・純平が反論した。
「富士子、一番立派なのは、お国のために戦っている兵隊さんたちじゃないか」
そして純平はため息混じりに『早く入隊したい』と呟いたので蓮子は驚いた。
「純平…」
「お母様!僕は、軍人になりたいです」
あらたまって純平が蓮子に自分の意思を告げると後ろにいた義母・浪子が賞賛する。
「純平!立派な心掛けです!」
「この間ラジオで言っていました。少年航空兵は15歳から募集があるそうです。試験を受けさせて下さい」
蓮子は一瞬動揺をするが、すぐに純平の頼みを却下した。
「ダメです。いけません。あなたは、まだ勉強しなければならない事が沢山あります。戦地がどういう所かも解っていないでしょう!?」
「僕はお国の為に身を捧げ、お母様たちをお守りしたいんです!」

― 翌日、蓮子は花子のを家を訪ね、純平の話を伝えた。
「純平君がそんな事を…。龍一さんは何て?」
「龍一さんには、とてもそんな事言えないわ。彼は中国との戦争を終わらせるために昔の仲間たちと活動をしているの。家族には、迷惑かけたくないと言って、あまり話してはくれないけれど…」
>戦争の影は、人々の暮らしの中に忍び寄っておりました。

ある日、梶原がスコットを連れて花子の家にやってくる。
「スコット先生には少し前から修和女学校の仕事の合間に聡文堂を手伝って頂いていたんだ」
「そうだったんですか!」
「これからはなかなか翻訳物は出しづらくなると思うけど。まあ、できる限りの事はやろうと思ってね。これ…彼女の、ご推薦の本なんだけど、どう思う?」
梶原はパレアナ(愛少女ポリアンナ物語)と書かれた一冊の本を花子に渡した。
「パレアナ!?私の大好きな物語です!どんな辛い時も希望を見出そうとする主人公が素敵ですよね(笑)梶原さん、この物語は必ず日本でも愛されると思います!」
「じゃあ、決まりだな。翻訳してくれるよね?」
「是非やらせて下さい。スコット先生と一緒に本を作れるなんて夢のようです(笑)」
私もです
花子はスコットは英語が通じる喜びを初めて教えてくれた恩人だと梶原に伝えた。
先生方はお元気ですか?
何人かが日本を離れ帰国しました
そうですか…ミッションスクールへの政府の圧力が強まったと聞いて心配していたのです
これからどうなっていくのでしょう…

>そんなある日のことでした。
「役場から連絡があったと思いますが、この犬はお国のためにお預かりします」
「…この犬は娘と楽しく遊ぶことしかできません。お役に立てるかどうか…」
「お国のためです」
そういって女性達はテルを連れて行ってしまう。
>ほっそりした柴犬のテルが戦地で勇ましく戦えるはずがありません。
>役に立たなければどうなるか花子も英治もテルが二度と帰ってこない事を知っていました

夕方、帰宅した美里はテルが犬小屋にいないことに気がつく。
「あれ?テルがいない。テルー!テルー!お母ちゃま、テルは?」
「あのね…美里…テルは…」
花子が言いづらそうにしていると英治がやってきて花子の代わりに説明する。
「テルは、お仕事に行ったんだよ。兵隊さんたちを手助けするために行ったんだ」
「…美里もテルをお見送りしたかったのに」
「テルね、目でお話ししてたわ。『僕行ってきます。美里ちゃんに“ありがとう”って言ってください」って」
「テルいつ帰ってくるの?テル帰ってくるんでしょ?テル帰ってくるわよね?」
「・・・・・・・・・」
>とても本当の事は言えない花子でした。

花子とアン第130回の感想

もう出てこなくなるものだとばかり思っていた旭氏、無事復帰(笑)
そして昨日から5年が経過…もう連日、ぴょんぴょん時代がぶっ飛びますが、まあ残り1ヶ月ですから仕方ありません。ただ…5年飛ばす前に、旭の復帰と美里の養女になるくだりは見たかったな~と思いました。年齢的に美里自身は花子の子供だと思ってるんでしょうか。
あ、もしかしたら、この辺はオブラートに包みたい箇所でもあるのかな?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ