『花子とアン』あらすじ第105回

「『余と余の民は知っている、そちは知らぬ…私達はこの言葉を覚えて、彼の名を賛美しよう』…はぁ…終わった…」
1923年(大正12年)夏、花子は“王子と乞食”の翻訳を完成させた。

>花子の“王子と乞食”の翻訳が完結した事を祝ってささやかなパーティが開かれました
聡文堂のオフィスに酒や軽食が用意され、集まった人間に梶原が挨拶をした。
「皆さん!この“にじいろ”秋号をもって創刊号から連載してきた“王子と乞食”の翻訳がついに完結となりました。翻訳者の村岡花子先生、本当にご苦労様!それから挿絵を描いてくれて、その縁で結婚した村岡英治君。“王子と乞食”の原書を提供してくれた村岡郁弥君にも感謝します。児童文学界に新風を吹き込むべく聡文堂を設立して4年。この“にじいろ”がここまで続いた事心より感謝してます。これからも皆さん、どうぞ力を貸して下さい。では乾杯!」
乾杯を終えると、梶原が亜矢子についての報告を話し始める。
「皆さんにもう一つ報告があります。この度醍醐君が退職する運びとなりました」(゚∀゚)
梶原の言葉を聞いて、同僚の三田が動揺する。
「えっ!?ちょ…!まさかようやく結婚相手が見つかったのか!?」(;゚;Д;゚;;)
「違うんです(笑)挑戦してみたい新しい道が見つかったんです。私、世間がまだ知らない本当の嘉納蓮子の姿を書いてみたいんです」(ゝ∀・)
「それを書いたあとは、どうするわけ?」(・∀・;)
「それは…まだ分かりません。でも書きたいというこのドキドキ…パルピテーションを今は大切にしたいんです(笑)」(´∀`)
落ち込む三田をみて須藤は察した。
「何で三田君が、気落ちしてるの?…え?もしかして、そういうこと!?」(゚Д゚;≡;゚Д゚)
梶原は引継ぎなどで暫く出版社にいることを付け加えると亜矢子は頭を下げた。
「残りの日々も編集者として精一杯働きますので宜しくお願い致します」(´∀`)ノ

そして、今度は村岡英治の父・平祐が発表をはじめる。
「この度、村岡印刷の代表を長男の英治に譲ることにしました。これからは英治が社長。郁弥は専務取締役として務めますので皆様どうぞ今後とも宜しくお願いします」
「え~…皆様。私も、弟も、まだまだ、じゃくしゃい…じゃくひゃいもの…?」(;゚;Д;゚;;)
緊張して上手く挨拶ができない英治を横にいた郁弥が笑った。
「兄さん。リラックス!深呼吸して(笑)」d(ゝ∀・)
一呼吸置き、英治は花子と歩を見て落ち着きを取り戻す。
「…皆様、私も弟もまだまだ若輩者ではございますが、多くの読者の記憶に残る本を一冊でも多く印刷するよう精進していく所存です。どうぞ、ご指導ご鞭撻を宜しくお願い致します」(゚∀゚)
「歩。パパ、とっても立派ね!」(・∀・)
花子が英治のスピーチを褒めると歩が『リッパ』と言った。

郁弥が突然大きな声を出した。
「あっ!I’vegotanidea!…“王子と乞食”を一冊の本にしませんか?」(≧∀≦)ノ
郁弥のアイディアに亜矢子も賛同する。
「単行本を出版するのね。これだけ好評なんですもの。いい案だわ。梶原さん、いいですよね?」
すると梶原は何も言わず、両手で大きく丸を作った。
「お姉やん、すごいじゃん!!」
興奮するかよに対し、花子は信じられず自分の頬をつねっていた。
「…痛い」(゚Д゚)
郁弥は義姉の装丁について兄・英治に提案する。
「兄さん!装丁に工夫を凝らして今までの日本にない美しい本にしようよ!イギリスに負けないくらい!」
「そうだな。やってみるか!」
郁弥と英治はがっちりと握手をした。
「これからもどんどん夢のある童話を翻訳していきますので宜しくお願いします!社長!」
「社長はやめてくれよ…」(;・∀・)
「しゃちょー」(・д・)
「歩まで(笑)」(;・∀・)

― まだまだ働くつもりの義娘について平祐が郁弥に小言を言った。
「花子さんはいつまで仕事を続けるつもりなんだ…」(-公-;)
「父さんこそ、いつまでそんな事言ってるんだよ」(;・∀・)
「お前は、ちゃんと家に入る女性と結婚しなさい」(-公-;)
「僕は出会った瞬間から、かよさんと結婚するって心に決めてますから(笑)」d(ゝ∀・)
郁弥と平祐の会話が聞こえた花子が驚く。
郁弥は花子に知られてしまったので、小さい声で明日の計画について打ち明けた。
「実は明日求婚するつもりなんです…明日は彼女のバースデーですよね?」(・`∀-)
「ええ」(・∀・;)
「だから、かよさんがカフェで働いているところにサプライズで。例え父さんが反対しても僕の決心は揺らぎませんから」
「反対なんかしないさ。あの子はいい。家事の手際もいいし料理も上手い。何より働き者だからな」
「ワンダフル!賛成してくれてよかった(笑)」(≧∀≦)
「ただし結婚式は東京で挙げろ。また甲府で挙げる気なら「異議あり!」と言って暴れてやるぞ」
郁弥は、明日の計画について花子に秘密にして欲しいと頼んだ。

― その日の夜、歩を寝かしつけた花子に英治はカメオを渡す。
「花子さん。母の形見なんだ」
「素敵なカメオ…」
「これは一度、香澄が母から受け継いだもので彼女が亡くなる前に郁弥に託したんだ。郁弥が僕にくれたんだ。花子さんに渡すようにって。あの時郁弥が背中を押してくれたから僕は君と歩とこんなに幸せな家庭を持てた。花子さんに持っていて欲しい」
「ありがとう。大切にします」

― 翌日、かよが働いていると緊張した面持ちの郁弥が客として店にやってくる。
「いらっしゃいませ。コーヒーでいいですか?」(・∀・)
「え?あっ…はい…」(;´Д`A
「?」(・д・)?

席に座った郁弥は手に書いた台詞を小さな声で何度も呟いた。
「あなたは、僕の女神だ…。あなたは、僕の…」(-ω-;)
その時、店の外から楽器をもった演奏者が入ってきたので郁弥は慌てた。
「えっ!?あっ、早っ…ちょ!ちょ!ちょ…」(;゚;Д;゚;;)

「少し早いけど…いいか。よし!」(・`ω´・)
時間を気にしていた郁弥は勢いよく立ち上がった。
「かよさん!ハッピーバースディー!お誕生日おめでとう!」(≧∀≦)ノ
「てっ!?」(・д・;)
突然、郁弥がひざをついたので、かよは驚いた。
「かよさん。あなたは僕の女神です。僕と…結婚して下さい。かよさん!」(゚∀゚)
郁弥のプロポーズに周りの客達から祝福の声があがる。
「いよ!ご両人!」「おめでとう!」ヽ(´∀`)メ(´∀`)メ(´∀`)ノ
その時、郁弥は、かよが浮かない表情をしていたことに気がつく。
「…かよさん?」(;・∀・)
「郁弥さんの…バカっちょー!」(≧Д≦)ノ
かよは、突然店を飛び出した。

花子とアン第105回の感想

なぜバカっちょなのか理由が分かりませんが、最初誕生日を間違えたのかと思ったら、姉の花子も誕生日は明日とか言ってたし…なんでしょう。
とにかく王子と乞食の翻訳が無事終了…そんな長い話だったかな?…そういや簡略化された話か知らないかも。話は全然関係ないですが、昨日『アナと雪の女王』を観ました。興行収入が凄いとかDVDの売上げが記録的とか聞いていたので、どんなもんかと思ってましたが、騒がれるだけのことはありました。めちゃめちゃ面白かったです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ