『純と愛』第131回(3月7日放送)

第23週『あいのために』あらすじ(ネタバレ)

早朝、純がホワイトボードに今日の予定を書いていると晴海が起きてくる。
「おはよう!早いね~」
「今日はどんな日か気になってさ~(笑)」
純は愛と共に牧場のバイトに行く日だと答えた。
晴海は純と愛が働く理由について質問したので純は開業資金のためと説明した。
そして晴海にどんなホテルを作って欲しいか質問した。
「何かリクエストがあったら何でも教えて欲しいの」
「そんなの決まってるさ~純が作りたいと思うホテルを作るのが私は一番嬉しいさ(笑)」
>とっても嬉しいけどさ、ますます悩みは深くなってしまったよ…
純と晴海の会話を愛は寝室で聞いていた。

― ホテルの天井からの雨漏りが止まったので純は補修作業をしている愛に報告した。
「うーん…止まったよ!愛君!」
「応急処置なんで、オープンまでにはちゃんと直さないと」
「それにはまたお金がかかるのに今日は雨でバイト中止になっちゃうしね…」
二人は土砂降りになっている屋外を眺めた。

愛はカウンターにホテルの図面を広げる。
「内装とか家具は僕が描いたデザイン画を元に2人で話し合って決めていきましょう」
内装工事、家具については愛が作っていくと言い出す。
「…でも、そうすると愛君が大変じゃない?」
「いや、大丈夫です…」

― 純と愛はキンの店でホテルの壁紙についての打合せをする。
「これは?」
純がカタログを指差すが愛は不機嫌になった。
「だから全然宮古っぽくないですよね?純さん、デザイン画とか無視してないですか?ここに置くんですよ!?ここに!」
「…愛君、愛君!ね!ここに一つ黒砂糖があります…ビブデバビデブー!」
純はマジックを披露するが愛は冷めた目で見ていた。
「どうしたんですか?」
「いや…ケンカしたくないな~って思って(汗)」
「僕はケンカとかそういうつもりじゃ全然…それは純さんがのんびりしてて全然決めてくれないからですよ」
その時、キンが特製ブレンド茶を持ってくるが愛は飲まずにホテルに戻ってしまう。
「もめてんの?だんなと」
「もめてるとかじゃないんですけど…基本的に私が悪いんで」
「じゃ、気晴らしに聴いてみる?…ジュークボックス」

純はジュークボックスでひな祭りの歌を流した。
「何でひな祭りね?」
純は愛と出会うまで嫌な事があると頭の中で流れる事を説明した。
「変わっているね、あんた。だからうちの孫と付き合っていたのか?」
「あの…あいつ、あれからどうなりました?」
昨晩、純のおかげで勝は泊まっていってが今朝、出て行ったとキンは答えた。
「もしかしてお金渡しちゃったんですか?」
「たった1人の孫なのでどうしても甘やかしてしまうね…もう島に戻る気はないって。『東京で成功しておばあに贅沢させてやる』って…そう言ってたけど」
「でも、キンさんは帰って来て欲しいんですよね?だから…」

― 夜、自宅で家族写真を見ていた多恵子に愛から電話がはいる。
「…なんか…お母さんが聞くたくなって。すみません」
「別に謝らなくてもいいけど…そういえばあなた忘れ物してるわよ?」
多恵子は愛が置いていった眠り姫を宮古に送るというが愛は持っていて欲しいと伝えた。
「なにかあったのそっちで?」
「いや何もないです。宮古は綺麗だし、純さんと同じ目標に向かっていて毎日幸せ…の筈なんですけど…何か不安で…。人の本性みたいな物が見えなくなってせいか周りの人か僕の事をどう思っているのかやたら気になったり他の人のやる事が何だか許せなかったり…昔の嫌な自分に戻ってるような気がして…ああ…いや、ちがうな。…ただただ怖いんです。でも何が怖いのか分かんなくて…」
「彼女に相談してみれば?」
「何だかイラついてしまんです。それが情けなくて…純(弟)がいなくなったときから僕の時間は止まってるような気がして」
「…だったら…私に電話すれば?」
「え?」
多恵子の意外な言葉に愛は驚いた。
「結論は出ないかもしれないけど話すだけでも少しは楽になるから」
「…純さん帰って来たみたいのでまたかけます」
愛は純が帰って来た音がしたので電話を切った。

「遅かったですね。…それは何ですか?」
愛は純が持っていた大きな荷物について尋ねた。
「お詫びといったら何だけど…ここで新しいサービス見つけて来た」

「あのこれは…つまり…?」
愛は天井にとりつけた二組ブランコを不思議そうに見た。
「名付けて…仲直りのブランコ~(ドラえもん調)…キンさんが言ってたの、ケンカして仲直りしたいけど素直に謝れない時ってよくあるじゃない?そういう時にこのブランコがあれば相手の顔をみなくてすむし、漕いでるうちにケンカした事忘れて素直に謝る事ができるって」
「でも…何でそれをホテルに?」
「よくさカップルは旅行するとケンカするって言うじゃない?そういう人達が仲直りできたらいいなって思って…」

「ねえ、あの…まだ怒ってる?」
無言でブランコを漕ぎだした愛に純が尋ねた。
「怒ってないですよ」
2人は互いの顔を見ずにゆっくりとブランコを漕いだ。

第131回『純と愛』の感想

仲直りのブランコ~(笑)
そういえば再放送の予定だった『カーネーション』が中止になったとヤフーニュースで知りました。残念…カーネーション、面白かったのに…つーか、俳優Kって誰っすか?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ