『純と愛』第116回(2月18日放送)

第21週『えんむすび』あらすじ(ネタバレ)

「里やはテレビ取材をうけることになり、純はインタビューアに里やのサービスのアイディアがどこからきているか尋ねられた。
純は、初めて『里や』に来た時にサトに言われたことを話した。
「一番平仮名の中で好きな文字は『と』と聞いた時、何か私がホテルを好きな理由が分かった気がして…人と人とを結びつける場所なんじゃないかなって思ったんです。だからここをそんな『と』の場所にしたいと思ったんです」

サトに純はインタビュー中に新しく浮かんだアイディアを話した。
「恋です!あの2人見て下さい?明らかに意識していませんか?お互いを」
純は互いに意識している男性客と女性客を指した。
「ああいう人達が気軽に話せるようなチャンスをつくってあげてカップルになるお手伝いをするっていうのはどうでしょう?」
「うんうん」
サトは興味津々でうなづく。
「キャッチレーズは『里やにくればあなたの『と』の人に出会えるかもしれません』これがうまくいったらここで結婚式とか挙げてもらったりして…そうしたらブライダルプランも考えなくっちゃ!(笑)」

男性客(水田)と女性客(火野)について純は厨房の愛に話しかけた。
「愛君!あの2人絶対お似合いだと思うんだけど」
「でも一応確認しておいた方がいいんじゃないですか?『ご結婚されてるか』とか」
「そっか」

― 純は水田に水のおかわりを申し出る。
「お水どうぞ。…お味の方、いかがですか?」
そして純は水田にさりげなくホテルに来た理由を尋ねた。
水田は休みが取れてネットで評判になっていたからだと答えた。
「ちなみに…お、奥様はいらっしゃいます?」
「ああ、僕みたいな男と結婚してくれる人なんかいませんよ」
「え?…どうしてですか?」
しかし、純の質問に答えずに逃げるように客室に戻っていった。

― 純は今度は女性客(火野美矢)に話しかけた。
「あの…もしかしたらさっきの彼のことなんか気になったりしてますか?」
火野は純の質問を強く否定するが慌てて水をこぼしてしまう。
「わーすみません!すみません!!」
「図星ですね?」

純は話すきっかけを与えようと火野と様々な作戦を展開する。
1.恋のハンカチ落とし
ハンカチを目の前で落として拾わせる作戦だったが何も知らない金城が邪魔してしまう。
2.恋の相合傘作戦
これも純と愛の作戦だとしらなかったサトにより失敗してしまう。
3.恋の相席大作戦
金城の仲間に来てもらい席を満席にして2人を無理矢理に相席させる。
>これでやっと上手くいくか~!
純と愛の作戦通りに2人は相席になるが、どちらも話しかけない。
水田は席を立ち上がって、足早に食堂を出て行ってしまうのだった。
「すいません!ごちそうさまでした!」

― 純は水田をマッサージしている正にスケッチブックで質問をしてもらう。
「ちなみに彼女の事はどう思いますか?…さっき相席のお客さんです」
「彼女は僕なんかと…(笑)」
「え?どうしてですか?」
「うちは親父の代からやっている豆腐屋で、朝は早いし仕事は辛いし、生活も楽じゃないし…」
そこで純は『女はそんなの気にしない』と書いたカンペを見せた。
「はあ?そうなの!?」
正は思わず声にだして驚いたので水田にばれそうになってしまう。
体を張って正は水田に純を見えないようにマッサージを続けた。
「妹が言ってたんですけど女性は気にしないそうですよ?女性は。確かにお金がなきゃイヤだっていう人もいますが…ホントに愛し合っていればそんなの問題ないって」
「それだけじゃないんですよ…僕は」
「どういう事ですか!?」

厨房でサトや天草達と水田の事を話していると火野がチェックアウトしに降りてくる。
純は諦めてチェックアウトする火野に詰め寄った。
「このままでいいんですか?」
「あの方には私なんかより相応しい人が入ると思うし」
「そんな事を言わないでください。彼がもしかしたらアナタの『と』の人かもしれないんですよ?」
「あなたは幸せだからそんな前向きな事がいえるんです」
「お言葉ですがここまでくるのには決して平坦な道のりじゃなかったですよ?でも愛君っていう私に『と』の人に巡り会って、前のホテルや素敵な人達に会って思ったんです。世の中には不完全な男と不完全な女しかいない!私の愛があなたをつくりあなたをつくるって…女が諦めたら世界は終わっちゃうんですよ?」

純が火野を説得していると今度は水田が階段を降りてくる。
「あ…いや、チェックアウトをしようと思って…」
「でも予定は明日じゃ…?」
「ええ…あの…ちょっと」

すると火野が水田に声をかけた。
「行かないで下さい。」
「え?」
「あなたとお話ししたいんです」
「…僕もです。あなたとお話がしたいです」
サトは水田が返却した部屋のキーを再び水田に返した。
>お父ちゃん、私は今毎日が楽しくて仕方ありません!
>もうすぐ里やを魔法の国にできそうで!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

このページの先頭へ